1. トップ
  2. book
  3. ヅカファンからしてもよく勉強された特集だと思う「ダイヤモンド」2015年6月27日号

ヅカファンからしてもよく勉強された特集だと思う「ダイヤモンド」2015年6月27日号

|

101年目のタカラヅカ特集

編集後記に書かれていたけれど、よく勉強された記事だと思います。通常、3~4週間の取材を経て雑誌になることが多いとのことですが、この特集は半年程度の期間を経てできたそうですよ。「音高」「」と言ったファンにはおなじみの略称や非公式部分の明言化、見える化がされビジネスライクに明示されたのは数少ないのでは。

書かれるとしたら京都花街の経営学舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意などの著書を持つ西尾久美子さんの宝塚の研究、その書籍化なのかなと思っています。
楽しみにしています。
宝塚との類似性が感じられた 「京都花街の経営学」西尾久美子 東洋経済新報社)(京都を知りたい方、またはOJTトレーナーやマネージャーで人材育成をする人へ 「舞妓の言葉」 西尾久美子 東洋経済新聞社

第一に思ったのは、明日海さんの相変わらずの劇団猛プッシュ。表紙から、「ああ、花組さんなのね」と思い、内容も明日海さん:他組トップ=9:1という比率。スケジュールの事もあったのかもしれませんが何もここまで、という気持ちはなくはなかったです。

ページを開いて出てくるは、演出家小柳奈穂子先生。これは順当かな。今外部に語る力が強いのはこの方だと思います。ビジネス書をよく読むという小柳先生のことだからダイヤモンドも読んでたりするのでは。

初めて知ったのは、サンリオのアミューズメント施設でのショーを小池先生(演出家)監修で行っているという事。キティちゃんが男役で娘役をするミミィちゃんとのレビュー姿のお写真見て20年以上ぶりにピューロランド行きたくなってしまった。

これが小池先生監修のレビュー。DVD化しているとは。他のスタッフも宝塚のそうそうたる顔触れが。びっくり。

これなんかもうそのまんま宝塚!凄い!

ハーバード・ビジネス・レビューといい、ダイヤモンド社の本読んでいるとサンリオ気になってしまうな。
なぜ、ご当地キティちゃんが何でもやらされているかのからくりがわかる 「Harvard Business Review」2014年10月号 ダイヤモンド社)(ウイスキー、日本酒を中心に ダイヤモンド2014年11月1日号 酒特集

チケットの買い方指南もありがたい。ここについてここまで実情を調査・レポートして頂けたことは非常に価値があります。

  1. 朝8時に並びに行っても当日券が取れない
  2. 前売りの段階で完売も多い

ので、最終的に頼るのはファンづてで。私も人を介してでないと買えたことがありません。客層を広げていくには、まず一度見てみたい、と思う人が会場に足を運んでナンボですので、この時期を見て、実際に会場に訪れる方が増えることを望みます。

目利きのお気に入り

今回は天狼院書店の三浦崇典さん。なんだ天狼院書店って。気になりました。

調べてみたらおもしろそうだった。大阪・名古屋・福岡よりも行かない池袋ですけど行く予定がある際はこの本屋行きたいな。(天狼院書店

無印商品は仕組みが9割

が気になりました。2000ページにもわたるマニュアルを社員たちがどうやって作ってきたのか、それをどうやって定着・運用させているのか。チェックしてみたいです。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ