1. トップ
  2. book
  3. 独特な世界に浸っていくだけ。「塩壺の匙」車谷長吉 新潮文庫

独特な世界に浸っていくだけ。「塩壺の匙」車谷長吉 新潮文庫

独特のことば選び、文の置き方。

最初ごく短い短編が続き、リズムを取るのに難義するものの「萬蔵の場合」という作品ですっかり心とらわれました。

映画を見ているように、瓔子の部屋が浮かびます。描写にはないけど、部屋の引き戸はこうで、照らされる照明はこの明るさで部屋の隅は暗くて、というようにそのアパートが見えてくるような力を感じました。

そこからはこの独特な世界に浸っていくだけ。

静かな、そして暗い影を常にたたえた、どこかあたたかみのあることばたちに伴われ、あてもなく東京を、そして田舎をさすらう。

とてもゆたかな時間を過ごすことができました。

今、赤目四十八瀧読書中。

これまた、もう安アパートの動向から目が離せない。

<関連記事>



こちらの記事もおすすめ