1. トップ
  2. 旅をする
  3. 旅行におすすめなアイテム
  4. 旅行前にリュック買い換え。Raven 28L選んだ理由

旅行前にリュック買い換え。Raven 28L選んだ理由

遠征決定。ガラガラでなく、リュックで行きたい

推し活遠征が決まりました!本当楽しい。予定があるということが楽しい。

出雲→米子→倉敷→岡山というなかなかな旅程で、これを電車ないしバスで回るので、スーツケースではなくリュックで行きたいなと思っています。

リュック、利用して6年に

羽田空港で買った現在のリュック、いつ買ったのか記事を見ると5年前。6年目突入しています。

見るとちょっと取っ手部分とかが皮加工剥がれ気味でもあるし、そろそろ買い替えようかしらと。

条件

膨らまない

今使っているハーシェルサプライのこのリュック、結構好きだったのですが。

結構かさばるんですよね、背負うと。

「どんだけ荷物入ってんの!」

と突っ込まれることが多くて、確かに荷物持ちさんなので多いのですが、そこまで多くなくても膨らんじゃうつくりだったんですよね。特に上の方。

なので荷物が入ってないときは膨らまないでへこむ感じがいいなと思っていました。

PCが入る

私の荷物の中で一番気にするのはまぁ、パソコンですねと。

私物は12インチのレッツノートだから心配いらないのですが、会社にも背負って行けることを考えると会社のPCを入れられ、かつクッション性がある程度ないといけない。

会社のはレッツノートと違って堅牢でないので…

候補

直近は期間限定のマリメッコのポイントもあるし、マリメッコのリュックにしようかなーとも考え、お店で試し負いさせてもらったりしてました。

マリメッコは基本私が一番身にまとうにふさわしいブランドだと思っているし、リュックも持っておくか!と。

メトロタイプは小さくて、このBuddyモデルでないとサイズが合わぬ。

もちPC入って旅行も行けそうなのだけど、ちょっとふくらみが気になる。

ハーシェルちゃんと負けず劣らず膨らんでいるからだ。

で、数年前気になっていたリュックを思い出した。

フェールラーベン。

北欧なんですけどね、スウェーデンなのでドストライクというわけでなく、保留となっていたのでした。

ただまぁ念のため、一度行ったお店にリュック背負って行ってみました。

フェールラーベン候補3バッグ

行ってPCサイズ的にこれかな、という3種類を検討。

1.KANKEN 20L

やっぱね、基本ビジュアルなのはこれかな、カンケンかなと。

通常サイズ16Lは明らかに小さく、こちらのビッグ20Lが候補に。

中にPCが入るポケットもありつつも、シンプルな作り。

2.KANKEN Laptop17”

ちょっと丸みのある、パソコン入りますモデル。

PC入るポッケの他に背面ポッケなどもあり、通常モデルよりも収納箇所多め。

3.Raven 28L

KANKEN度低め。

言われなくっちゃフェールラーベンだと気づかないわ。

だが、このポッケ量が魅力的。

中はこんな感じでPCスペースとメインスペース。

更に!!その手前のエリアを広げると!!

更に小物入れスペースにメッシュ収納スペースが!

このエリア見た瞬間

「バスルームポーチとつくりが似てるからここに化粧品収納できるんじゃ?」

と思ったのでね。大分惹かれます。

荷物を入れて背負ってみると、上段が今のリュックよりもしゅっとします。

KANKENはつくりが四角いためどうしても上までボリュームは保たれます。

結局ポッケ好き

幼少期読んだあひるのバーバちゃんの影響で全体的にポケット多いのが好きなので、絵本に出てくるリュックの選択になったら、そりゃポケットが多いのが魅力的。

3.のRaven 28Lにいたしました。

店員の方も1.と2.の20Lでは旅行はちょっとリュック1個では無理かも・・・とおっしゃっていたし、荷物持ちさんなので大きい方がいいわ!

マリメッコではだめで、フェールラーベンならOKな理由も別にあったので。

それは別記事で。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)