1. トップ
  2. 切手
  3. 古葉書・切手の有効利用
  4. 使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その5

使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その5

誤算 葉書出てきた

そうなのだ、絶対もう一束あったのだ、葉書が。と思っていた。往復はがきあったはずよね、と思っていた。

出てきました。40枚ほど。

でましたよゴールデンウイークお部屋整理の成果。

続々使う 50円葉書

懸賞のために、週1、10枚ほど印刷して送ってます。そのはがきに10円切手、2円切手をぺたぺた。

往復はがきも切って、往信返信部分に切手をぺた。

これから往復はがきが必要になったら、切手を使って最新の往復はがきに交換します、ということで。

昔はNHKポップジャムの観覧で毎週12枚くらいノルマとして往復はがき送ってたんですけどね、それで高校の近所の米屋の往復はがきの在庫が一新されるくらいの消費量があったのですが、ここ18年使ってないもんな、往復はがき。

最新版 官製はがきと切手の在庫

まりちゃんしか気にしていない、葉書と切手の残りを明確にしましょう。

はがき:50円 59枚
10円切手:30枚
2円切手:53枚

交換計算

10円切手→40枚、2円切手→10枚くらい交換しときましょ。

400+20=420円

書き損じはがき1枚→50-5=45円

420-45=375円

375÷75=5

割り切れた!

最近この組み合わせばっかりをはがきに貼り貼りしております。

これを元手に、いろいろ当たりますように!

おすすめ記事(表示されない場合もあり)