1. トップ
  2. 切手
  3. 古葉書・切手の有効利用
  4. 使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その4

使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その4

前回の計算までして考えた。

50円切手だと、手数料結構多いよね?と。

わたし、葉書サイズの紙を買っています。

これに、50円切手+10円切手+2円切手を貼ったらどうだろうか。

2円切手はまだまだ50枚くらいは在庫がございます。

30枚分に必要なのは10円切手×30=300円分。

  • 110-5=105×2=315

50円切手いらないじゃん!!こっちにしよっと。

欲が出て、他のものも欲しく

ゆうパックスマホ割なんかは切手でお支払いできないけど、ゆうパックを切手払い(切手別納なんちゃらという用紙に記入して切手を出して送っている)とかしている私。

ゆうパックはなんだかんだで高いからレターパック気になる―と思ったら、レターパックとかも切手交換で手に入るらしい。試しに欲しい!

  • レターパックプラス510円
  • レターパックライト360円

二つずつ買うとして1,740円。さっきの300円と足して2,040円。

  • 110-5=105×2=315
  • 2040-315=1725
  • 1725/45=38.3

50円切手39枚でよい。残りは10円3枚でいいね。

よし、交換交換~。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)