1. トップ
  2. 既存のもの・知識・サービスで出費を減らす
  3. 古葉書・切手の有効利用
  4. 250枚の古葉書有効利用作戦。 その3

250枚の古葉書有効利用作戦。 その3

|

前回記事

さあさあ本日2月2日に普通切手が新デザインになりましたね!!

250枚ある古いハガキを何枚切手にして、何枚葉書のまま
利用するのがお得か考えていくこの古葉書有効利用作戦。

第一弾として、1月中に1度葉書を切手に交換してきましたよ!!

まず結果として申し上げたいのが、20分くらいかかったということ。

やっぱりですね、局員さんの負荷がかなり高いということはわかりました。
とはいえ、サービスとしてあるわけで、こちらは利用せざるを得ないので
申し訳ないと思いながら交換致しました。

まずは葉書を113枚提出。
局員さんは50円、40円、41円の葉書の枚数を数えます。

交換手数料として560円ほどを引いた5,000円程度、切手に交換
できるとのこと。

2円切手110枚、10円切手41枚、20円切手25枚、
あとは1円切手から1,000円まで1枚ずつ、そして弔事慶事。

5,000円程度のお金を調整し、計195枚の配分を決定。

それからがまた一苦労。選んだ切手を局員さんはちぎって用意し、
レジに打ち込んでいくという作業が待っておりました。

そうして頂いた切手たち。
まだビニール袋に入っている段階ですが、見てうっとりしております。

ひとまず、用途別にデルフォニックスのストックアルバムにしまいたいと
思います。(250枚の古葉書有効利用作戦。 その2

そして、今日発売になった新切手の交換に急ぎたいと思います。
次回は2000円弱で済みますし、こちらの葉書も50円オンリーに
なりますので、スムーズに交換ができる事でしょう。

肝心の葉書も、250枚あったのが100枚程度のきれいなハガキに集約
され、これまた100枚程度ある2円切手を使って
適切に送付ができそうな予感です。

次の記事

おすすめ記事(表示されない場合もあり)