1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 男の小説、を感じた 利休にたずねよ 山本兼一 PHP研究所

男の小説、を感じた 利休にたずねよ 山本兼一 PHP研究所

千利休、豊臣秀吉といった歴史上の人物を一人称にしながら
10数ページの単位で、利休切腹の時から徐々に過去に遡っていく物語。

冒頭、険悪を極める利休と秀吉が、あるところから過去になると、
急にお互いを認め合うようになっていきます。

つまり、お互いの力を誇示しようと貪欲になった瞬間に、
双方が邪魔になったということ。

古溪宗陳が語っている三毒、貪欲、瞋恚、愚痴、すなわち
むさぼり、いかり、おろかさという炎に包まれて逃げられない人たちが
数多く出てくる本です。

利休がずっと懸想している女性について、
エピソードがラスト前に出てきたのですが、
利休が手に入れることが出来なかったから懸想しているんだなと。

茶の湯の世界とと一緒で、不完全だから美しい。
普通に手に入ってしまったら、その瞬間に利休は興味を失ってしまうはず。
そう考えると、利休は幸せになれない人だよな、と思います。

女性の視点からすると、女性が良くて茶器と同等にしか扱われていない
世界はちょっと嫌だなあ、登場している女性は幸せじゃなさそうだもんなぁ
というちょっと微妙な世界でありますが、それが戦国時代なのかなとも思いました。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)