1. トップ
  2. lifelog
  3. 日本人をマラソンコースにはめ込むリクルートが「人生はマラソンじゃない」と言う不思議

日本人をマラソンコースにはめ込むリクルートが「人生はマラソンじゃない」と言う不思議

|

利害関係者が多そうですが、正直に書いてみましょう。

オリンピックに合わせてなのか流れているリクルートのCM、
マラソン大会の途中で、人生はマラソンじゃない言い始めて
各々がコースを外れていろんなところに走り出すというものなんですが、

このコマーシャルをリクルートが流すとか、コントか!と
突っ込まず普通に感動しちゃう人が居て非常に驚いています。

私にとってリクルートは日本人の人生を、自分たちの提供する情報で
一定のコースにはめ込む企業です。

たとえば就職活動のリクナビ。数多くの企業が登録されており、
リクナビを利用することで就職をされる方が大多数だと思いますが、
別にリクナビ使わなくたって就職はできるんですよ。

でも学生の多くはリクナビという舗装されたコースを走ってますよね。

これを就職活動を婚活に、リクナビをゼクシィに変換しても同様です。

「まだ、ここにない、出会い。」
というのがリクルートのコーポレートメッセージですが、
リクルートが提供する出会いって結局リクルートの人の
キャパシティに沿った出会いですからね。

と、ここまで強く考えたのは、大袈裟ですがここ数年で悔いなき人生とか
今までの人生を振り返った時に、
リクルートのひく線路を歩いたら人生はみ出さないで終わるな、と感じたから。

きっとこれから第二の人生の過ごし方の指南や、
すでにスタッフサービスで派遣を行っている介護に関しても
介護する会社を探すナビゲーションサイトを作ったり、
葬儀に対してゼクシィと同様に葬儀までをメシの種にしていくんじゃないかと思います。

「葬式のお金ギモンALL大解消!」
みたいな。
これゼクシィ

最新号の企画の「結婚式」を「葬儀」にしただけなんですけど。
「人生で一度のワタシが主役な一日」
という観点で言うと、横展開しやすい産業だろうなと思っています。

確かに、与えられた情報の中で判断し、選択することは効率的です。
簡単で、ある程度の成果は得られるとは思います。

ただそれがすべてじゃないんだよ、リクルートのサービス使う以外にも
方法はあるんだよ、とわかった上で使うのか、無意識に使うのかで
人生が変わってくるんじゃないかな、と思います。

だから、人生がマラソンじゃない、コースから外れていいんだ、外れてみたい
とあのコマーシャルを見て本当に思ったら、
まずリクルートポイントを利用しないことが、
自分の人生を歩み始めるその一歩なのだと思います。

別にリクルートに恨みとかは無いんですけど、
今回よくよく思い出してみると小さい頃に「リクルート事件」
があって、テレビで川崎のビルの画→逮捕!
というのが良く流れていたので、
子供時代は本当にリクルートって悪い会社だと思ってたなぁ。

今は悪い会社だとは思っていません。社会的価値を生み出す企業なんだと思います。
ただ私の人生は飲み込まれないようにしたい、という注意を払っています。

賛否両論ではあるようですね。
人生はマラソンじゃない-点をつなぐ-
「人生はマラソンじゃない」 感動的と話題のリクルートCM、「お前が言うな」との声も-動画ネタ!-

こちらの記事もおすすめ