1. トップ
  2. lifelog
  3. 5年を振り返る その2

5年を振り返る その2

引っ越した

20歳、25歳の時には思ってもいなかった街にくらし、さらにそこからまた引っ越し、引っ越し。

自分が優先する条件を優先してみて、高いけど住めなくなったらまぁそれはそのとき、なんて思っていましたが、あと5年はここで暮らすんじゃないかな、というかたちになっています。

お得になったラッキー条件で入居したため、引っ越そうと思っても条件落ちる割に家賃が下がらない。検索するたびに今の家いいなと思う次第です。

会社と、旅行への利便性と金銭面のコスト・広さをトレードオフしたわけですがやっぱり通勤のストレスフリー差が同僚とのパワーの差につながる気が。

また、他の人よりも満員電車が許容できないからそんな暮らししてたらみんなより日々へなへなになっちゃう気も。

1000万円ためない、と言っていたが

30代前半はお金を使って色んな事にチャレンジしてました。

2か月で7キロやせてみた

60万くらい使って2か月で7キロやせてみたりもして、結果全然人に気付かれなくて以後、痩せようという欲が無くなりました。

でもジムには行くし、歩いたりはしていますので念のため。

拍子抜けしてしまい、痩せるのをやめて1か月で元に戻り、それから3年くらい経った今も結局、高校時代からベースとなる体重から変わらない。

17年、そのベースラインから下げよう、という欲があったのですがそこから5キロ7キロ落として結果、「そこまでの努力に対して私が喜ぶ益がない」という事実を認識出来ました。

無理して軽くしようという欲とそれに対する手間コスト時間をかけなくなったので、一回やってみて有益でしたね。

あとはいざとなったらできる、という成功体験も。

出来るけど、やらないというのは心のゆとりを生みます。自信がつきます。

31万越えのパソコン買ってみた

高校時代から10万円のパソコンを買っていたわたくしでしたがいよいよ昨年思い切ってみました。

大正解。

スマホを持たず、日々パソコンを使う人間にとってはこの投資は間違いなく生産性を上げるものでした。

ストレスなく会社に持って行けるので、お昼に執筆ができるのが嬉しすぎる。

飛行機や新幹線、特急列車での作業も圧倒的にsurfaceよりレッツノートが楽。

クリニックでメンテナンスすることで更に数年持つというか壊れるまで使えるぜ!という噂にチャレンジしたいのでわくわくしております。

このパソコンの良いところ、加えますとわたしは今まで2年に1回のペースでパソコン買い換えていたのです。

そのたびに

スペックの調査→価格の調査→ポイント付与率の高い買い方検討→ついでにネットワーク切替

をしていたので、二年に一度結構時間と労力がとられていたの。

いちおう、今6年使うことをベースに考えているので、3回分の私の検討時間コストが減ったっていうのがめちゃくちゃ嬉しいね。

30万円分飛行機に乗りまくった

その1で書いたJGC入会に30万円使いました。その結果、今年定価97万円分の飛行機チケットがタダになり、来年もビジネスかファーストでヨーロッパ行ければ100万円前後分タダになるから、まぁいいかな。

ということにしてます。

そんな生活を続け、貯蓄を横ばい、もしくはちょっと減らすくらいで進み、5年前に比べて今、130万円のマイナス

2018年になって、にわかに貯めよう、という目標が出来ましたので徐々に上がり調子に。

目標が見えて、その目標に対する具体的な数値目標が降ってくる。そうするとその目標に対して、ギャップを埋めていく。これが見えると「ああこの目標、叶うわ」と感じます。

あとはそれに向かって突き進むのみ。

最近は10年で貯めるべき額に向かってあれこれ本を読んでおります。


この5年の様々なはたらき、うまくいったこともそうでないこともここに書かれています。

これからもやってみてはこれ違ったなと気づくことや、やってみたらこういう方向だ!と今全く知らないことを何かしているかもしれません。

それを一つ一つ受け止めて、よりよき、自分にとって楽しく幸せに過ごせる方にかじを取りたいと思います。

ヒロセマリでした。

こちらの記事もおすすめ