1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 加速度的に迫るおいしさ 赤羽橋 ガネーシャダイニング

加速度的に迫るおいしさ 赤羽橋 ガネーシャダイニング

行こう行こうと思っていたお店に、仕事終わりに小走りで向かって
ラストオーダー5分前。
なのにすでにラストオーダー終了と言われ、しょぼくれて歩いていきます。

芝公園と麻布十番の間にあるここ赤羽橋駅。
なかなか周囲の駅と比べて食の開拓が出来ていない、と
大通り沿いのインド料理店へ。
駅の改札口から1、2分でつきます。

お店に入ると、先客は1組のみでした。
席に通されると、通常のメニュー、ドリンクメニューに加えて
1人の客向けのメニューを渡してくれました。

カレー2種類、サフランライス、ナン、
骨なしタンドリーチキンの「チキンティッカ」、マトンひき肉を
くしにつけて焼いた「シークカバブ」がついて
1,500円強。
ドリンクやお酒をチョイスると1,800円くらいでしょうか。

カレーは、チキンとエビの2種類を選択しました。あ、
普通に食べ始めたのですが、中盤でいきなり
「あ、おいしい」という感覚に襲われます。
ボールがぐいと伸びて速度を上げてきたような驚きがあり、

なんだ、なんだと考えてみると、
チキンカレーに秘密がありそう。
エビは、辛さレベルが★、チキンは★★で、ちょっとエビは
刺激が足りない感じだったのですが、チキンはエビよりもとろりとした
カレーで、このスパイスが効いてきたのかしら、と推測。

また、ナンだけではなくサフランライスもついているのがうれしい。
ナンにするか、ごはんにするか。これすっごく悩みますから、
それがどちらも楽しめるのは非常に良い事。

夜遅めでは、ちょっとボリューミーなので、
ミニカレーミニナンのセットで1,200円のメニューが欲しいなぁ。

カレー屋さんって、外見含めて違いがよくわからないんだけどれも、
その中でも自分のぴんとくる味というのは食べていけばわかるもんだな、
という経験が出来たことを嬉しく思いました。

ガネーシャダイニングインド料理 / 赤羽橋駅麻布十番駅芝公園駅

夜総合点★★★★ 4.0

こちらの記事もおすすめ