1. TOP
  2. comic
  3. 一年間じっくり味わっていきたい 大奥11巻

一年間じっくり味わっていきたい 大奥11巻

ゾクっとする恐ろしさ。
でも、人の優しさ、温かさが見える。
希望が見える。
だから、12巻を楽しみに待ちたいと思う。

本当、去年読んだ10巻は涙涙、嗚咽が出たくらい
絶望的でもあったので、嬉しく次巻まで待てそうです。

次巻大奥12巻の発売は2015年の秋ということです。
映画化された頃は一時期は発刊ペースが縮まり、大丈夫?!
と思っておりましたが、また年一刊行ペースに戻りましたね。

15巻、いや14巻で完結かな、となんとなくゴールが見えてきたことに
寂しさを感じます。

しかしながらこの厚みにセリフ量。
小説だとしても成り立つ情報量だと思います。
一年間じっくり味わっていきたい作品ですね。

<関連記事>
未来に一縷の望みを繋ぐ悲劇 大奥十巻 よしながふみ 白泉社
母親の息子を思う気持ちは見苦しい 吉屋信子徳川の夫人たち(上) 朝日文庫
匂いやかに、目前に江戸の絢爛たる景色が浮かぶ 吉屋信子 徳川の夫人たち(下) 朝日文庫