1. トップ
  2. book
  3. 横から嶽本野ばら氏に熱く話される気分になる注釈が印象的 吉屋信子「屋根裏の二処女」 国書刊行会

横から嶽本野ばら氏に熱く話される気分になる注釈が印象的 吉屋信子「屋根裏の二処女」 国書刊行会

何きっかけで読み始めたんだっけな、たぶん桜庭和樹の「私の男」
を読んだ頃でしょうか。
メモしてから読むまでだいぶ時間がかかりました。

読んだらびっくり。脚注の印象的なこと。
嶽本野ばらさんが註釈をまとめられたということで、
脚注を読みに行くたびに、
オネエの人が横で説明してくれているような気分になりました。

大正時代に書かれたということを置いたとしても、
自分の知らない単語、用語が多く、
それを吸収していこうと、付箋して調べたページが36ページ。

まだまだ自分には知らない事がたくさんある。せっかく読むなら、
そういった新たな発見があるような本を読んで、
自分の糧にしたいなと思った次第です。

内容的には、23歳の時に書かれた内容ですので、女学生ぷりに
びっくり。
吉屋信子先生といえば、徳川の夫人たちのイメージで
挑んだわけですから、あら、文章が若々しいと。
調べたら徳川の夫人たちの46年前に書かれた本ですもの、
それはそうなりますよね。

日本の状況、特に女性の立場というものを考えると閉塞感の中、
多くの女性、少女に人気になったことも理解できます。

花物語、か、わすれなぐさを読もうかな。嶽本さんはひたすらに
わすれなぐさを推していましたね。
嶽本さんも気になっちゃって、下妻物語でも読んでみようかしらとも
思いました。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ