1. トップ
  2. 大好きなものを買って出費を減らす
  3. 文房具
  4. ビクトリノックススイスカードの機内持ち込み基準がなく困る
  1. トップ
  2. 旅をする
  3. ビクトリノックススイスカードの機内持ち込み基準がなく困る
  1. トップ
  2. 大好きなものを買って出費を減らす
  3. 雑貨
  4. ビクトリノックススイスカードの機内持ち込み基準がなく困る

ビクトリノックススイスカードの機内持ち込み基準がなく困る

|

私の大好きなスイス ビクトリノックス社。

このようなナイフタイプに関しては、機内持ち込みできないことはわかります。
飛行機に乗る旅行の際はカギを外して出発するか、
預ける荷物にナイフを入れるようにしています。

旅先で、手で開けられないプラスチック製の袋をはさみで切ったり、
プリクラを切ったり、ナイフを持って行ったときは栓抜きを利用したりと、
ビクトリノックスの利用頻度は思ったより高いのです。

そして、周りの人も、私がビクトリノックスを持っているのを知っており、
こいつに声をかけたら便利な道具が出てくると思われているので
人にビクトリノックスを貸すことも多いです。
旅行と言えども、ビクトリノックスと共にありたいのです。

今回旅行で非常に困った出来事の主役はこのスイスカードというカードタイプの商品。

これも注意を受けて、ペーパーナイフを抜くようになり
4,5年、合計20回以上に渡る国内線搭乗をしていました。

今回の旅行も、行きではペーパーナイフを抜いた状態で問題なく搭乗できました。

それなのに、帰の手荷物検査で止められ、
「注意を受けるのでナイフは抜いて、これで大丈夫と言われていた」
と説明しても

「とにかくダメなんです」
と言われて全く納得いかないまま急きょ手荷物預かりへ。

こちらはもう5年間、ペーパーナイフを抜けば大丈夫という認識で
手荷物検査を通った後の買い物なども予定を立てていたのに
その手荷物検査で時間がかかり、予定していた買い物が
出来なくなってしまいました。

こちらも搭乗に協力したいという気持ちでいるので、
誰もが納得のいく判断基準を提示していただきたいです。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)