1. トップ
  2. 大好きなものを買って出費を減らす
  3. デジタルガジェット
  4. サクラレビューと闘いながら保護フィルム&スマホケース探し Google Pixel 3a SIMフリーレビュー 3

サクラレビューと闘いながら保護フィルム&スマホケース探し Google Pixel 3a SIMフリーレビュー 3

|

前回記事

街頭視察

さてさて、買ったまま、包装のシートをぺりぺりはがしては使いまたシールを留めを繰り返しております。

いい加減使えるようになりたい。外にGooglepixel3aちゃんを持ち歩けるようになりたい。

外出のタイミングで家電量販店にて、保護フィルムとスマホカバー探しします。

スマホアクセサリエリアの中にGooglepixelの棚がありました。そこに保護フィルムとスマホケースが並んでおります。

そこで気になったのが「全面保護」という文字。これはどういうことなのか。全面とはどこまでなのか。

このタイミングでの購入はストップ。タリーズ行って考えます。

必要条件

街でぶらぶら見て、箱やお試しケースを触って自分が必要とする条件が見えてきました。

落下時の破損防止がメインなので保護フィルムはその機能優先で。

スマホケース、かわいいのだったらもうこれにするのですが

今回は違うのだ。シンプルで透明なイメージ。Googlepixel3aの機体を打ち出すビジュアルのものを探します。厚みが出ないの。

ネットで調査開始です。「Googlepixel 保護フィルム」で検索して記事を読み、検討を始めます。

ドコモショップで買える商品

まずはこの記事をチェック。

【結局ドコモ板】Pixel3のケース、フィルムを購入した話(前編):smartgoods.me

わたしはSIMフリーだけどGooglepixel3aはドコモでも取り扱いがあるので、一部アクセサリがドコモオンラインショップにて取り扱いがあるとのこと。

この店、dポイント使えるぅぅぅ!dポイントなら4千ポイント以上ある私、ここで買えば出費ゼロ。

POWER SUPPORT

ということでまずPOWER SUPPORT(パワーサポート)のクリスタルフィルムは覚えておこう。ケースは微妙か?

日本製ラスタバナナ→Pixel 3a販売終了の模様

店頭でこの商品の「全面保護」という文字を見て、さらにその商品パッケージの裏に「サイトに動画あり」とも見て買うのをやめたのでした。早速チェック。

ラスタバナナの直販商品紹介ページに「一般的な平面ガラスの保護範囲」「本製品の保護範囲」の図解があり、理解。

ラウンドした画面のはじまでカバーするとのこと。これを使う事でケース利用はやめようかしら?と悩む。ケースによってはシールと干渉するとも書いてあるし。

そしたらケース分の価格を投じてブルーライトカット機能付きモデルにしてもいいもんな。

ラスタバナナ Google Pixel 3a フィルム 全面保護 強化ガラス 0.33mm 高光沢 ブラック グーグル ピクセル3a 液晶保護フィルム FG1830PX3L

のぞき見防止機能付きを取るか、画面のきれいさを取るか

できたて飲むか藤原紀香ばりの選択を迫られているわ。

shizuka-will-というところのアイテムを見て気づく。

これ!この機能!過去2機種で使いたかったけどタッチがうまくいかなかったりサイズが合わず自分で切るの失敗して断念した過去有りの覗き見防止機能ー!

どうですかこの見えない感。帰りの電車でこの機能つけている人がいていいなぁと思いました。

しかしね、この写真の通りやっぱりちょっと暗くなるよねー

Googlepixelは画面きれいだカメラきれいだっていうからいったんきれいめ目指そうかなーと思いなおします。

で、ここで気になるのが商品名(Google Pixel3a 用 フィルム 覗き見防止 フィルター 日本製旭硝子 )にも入っている勢いの「旭硝子」。

ちょいちょい商品名、キーワードではいっているので旭硝子、あらためAGCのホームページやfacebookをいちおう覗きましたがさすがにどの商品がおすすめとかの情報はなく。

候補の一つとしてこのアイテムをピックアップしておきましょう。

実際複数個シール買って使った人のレビュー確認

ついに見つけた!Google Pixel3 / Pixel3XL おすすめ液晶保護フィルム!:NJ-CLUCKER

ブルーライトカット機能は本体についているのでシールには不要とな。

シールのガラス製、プラスチック製のメリットデメリットもわかりやすくて便利な記事でした。

なるほど、私が求めている機能が「きれいさ」「指紋防止」よりも「落下時割れない」対策なのでガラスよりプラスチック系の方が良さそう。これはよい情報でした。

PDA工房PET製9H高硬度保護フィルムというキーワードを記憶。次のサイトへ。

シズカwillまた来た!強いなと印象付けられます。

あとケースで後述する「spigen」でもシンプルなのあるのね、とか「この会社の商品は辞めとこう」とかわかって参考になりました

Amazonレビューがあやしそうなの発見

「Google pixel3a 保護フィルム」で検索かけてますのでECサイトの売れ筋商品やらアイテム一覧画面も出てきてます。

まぁ分かりづらいですわな。 玉石混合ななかとりあえず 高評価な商品をAmazonで見てみる。

まぁおもしろいこと。

7月終わりから8月上旬にコメントが偏り過ぎてないかい?そして五つ星の嵐。

あやしい。

このレビューで重要なのは低評価のレビュー。最近のAmazonのこういった商品では最重要確認項目じゃないの。

低評価のレビュー全3件を表示をクリックし拝見。7~8月の高評価を見て購入した人が実際利用して9月末から10月入ってレビューしているって感じですかね。ありがとうございました。

買えません。

Amazonレビューでサクラにかかった人の感想は有益

こういう「一見高評価なヤバいアイテムへの批判的レビュー」こそが今のAmazonの情報の宝ですよね。

泣きを見たユーザーの体験談を重点的に読み解くことで、掴むべきキーワードが見えてきます。

PDA工房」「ミヤビックス

このメーカーにしておけばよかったなんて感想を見かけたので調査。

するとミヤビックスとPDA工房のシールの差がわかりやすい記事発見。

これ私、PDA工房のシールのカットの方が好みだわ。機種専用のフィルムを買うからには極力穴部分がぴったり加工されているタイプが良いんですよ。

と思ったら今はお変わりないのかも。下2つの画像の上部の穴部分を見比べてください。

まずPDA工房の画像。

ブログの記事の写真よりも精度が上がっていることがわかります。

PDA工房のオフィシャルサイト行ってみたら種類にびっくり。すげー。Google Pixel 3aの保護フィルムだけでこれだけあるとは。

そしてなにこの両面シールタイプって!

ここで保護フィルムの調査から、ケースについてのキーワードについて調査。

スマホケースのキーワード「米軍MIL規格」と気になるandroid新機能

ケースには「米軍規格」みたいなキーワードがちらほら。

NASA的な感じ?そういう米のお墨付きが欲しいのねみんな?と思いつつ「米軍MIL規格 スマホカバー」で検索してレビューにも出てきた「Spigen」「FINON」のカバーをチェック。

とはいえ、落下させた場合タイミングによっては壊れるというレビューを見て不安になります。

更に気になっているのはGooglepixel3a、というかandroid10にはスマホ本体のサイド部分を握って行う機能があるということ。

アクティブエッジというんですね、この機能使うかわからないですがカバーがあるとその機能が使いにくくなるらしい。

一旦カバーではなく両面シールの方向に気持ちが傾きます。

ええ、PDA工房が頭占めてます。

カバーやめて両面シール使いの人発見

Pixel 3 XLをスマホケースなしで使ったら半日で挫折!取った対応策はこちら!: enjoypclife.net

うん、決まった。カバーやめて両面シールだな。そうすれば当初家電量販店で見込んだ価格よりも安く抑えられる。

さて、どうする。続く。

次の記事

保護フィルム探しているひとは今の記事より次の記事↑見た方良いです。
グーグルピクセル記事もくじがある記事です

おすすめ記事(表示されない場合もあり)