1. トップ
  2. 大好きなものを買って出費を減らす
  3. デジタルガジェット
  4. fitbitが物理的に壊れた時におすすめ補修アイテム

fitbitが物理的に壊れた時におすすめ補修アイテム

1年ほど使ったfitbit charge4、suica対応モデルの端末変更しました。

結構早くに接続パーツ破損

2021年の7月に購入したのですが、年内には本体とベルトのつなぎ目が片方パーツごと脱落。

これはどうしようもないなと、サポートに連絡。

サポートに連絡して新端末到着

指示された番号を紙に書き、破損部分と一緒に写真を撮ってメールすると、破損ですねと新しい端末が到着。早い。

fitbitsuicaの弱点発見

でも困ったのがSuica。チャージしたばっかで3千円以上入ってて。

チャージしたsuica残高の端末移動はできません

と言われてもねぇ、、、

それ以来3千円くらいしか入れないようにしているよ。みんな気をつけて。

とりあえずアロンアルファ

今回、接続部が壊れていたけれどもfitbit本体やsuicaの機能には全く問題なし。でも体にくっついてないとこの端末全く意味ないし、とアロンアルファ買ってぺたり。

体にじゃないわよ、本体とベルトによ!

これが結構うまくいって半年くらい延命できましたん。

耐衝撃凄いわ、そっから調子よく使えてしまってもはや補修してからの方が長い期間使っておりました

ベルトが割れてくるので補修→ベルト大に交換

その後使い続けていると、ベルトの穴がついている方の、穴のサイドから亀裂が入ってきます。

それを都度、アロンアルファで止めていきます。

そこから1か月ほどでぱっくり割れてしまったので、ベルトをチェンジ。

穴がたくさん開いている方はベルト大小と2つ付いてきたので、変更が出来ます。

大は私の手にはぶかぶかなのですが、多少ぶかぶかでも計測はできるので良しとします。

ベルトの留め金が引きちぎれる

先週ですね、ぷちっと時計が取れて今度は何だと思ったら、穴が開いてない、留め金と言うんですかね、ベルトの先の部分がちぎれて外れます。

一度は、ここもアロンアルファで止めますよね。

完全に固まる前にパーツを動かしながら乾かし、2~3回くらいは補修して使いました。

しかし、いよいよベルト素材がひきちぎれ、かけてしまいました。

留め金エリアのベルトは前述の通り本体とアロンアルファでがっちり固まっているので、いよいよ新しいものに交換です

新端末接続、ポイ活的注意

まずは直前にfitbitアプリのSuicaメニューに行って、利用履歴をメールで送信します。

そこから新しい端末に繋いだら、Suicaの番号が新しくなるので、JREポイントの連携を修正します。

そうしないと乗り降りしてもJREポイント付かなくなっちゃう。

他にもえきねっととか乗って買って東急ポイントとかSuicaの番号と紐づけているものは切り替えを忘れずに。ポイント貯まらなくなりますよ

古いSuica使い切り

あと200円残っていて、払い戻し手数料以下なので、この後も使えるのか(多分大丈夫だと思うけど)試して、Suica解約、処分という形になるのかな?要確認。

→使えました。ぴったり200円使い切って処分となりました。

2万かけて1年は短いよね

よくブログに「生活必需品なんだから1年もてば十分」ってfitbitに対して言ってる人見かけるけど、2万円だよ?

もうちょっと頑張れよと思ってしまうなぁ。。

特に私の場合はベルトではなく本体側のパーツが壊れるのがはやかったからな。

でも、本体が1年以内に壊れる方が結果長く使えると思う。交換してもらえたので。ベルトの場合はベルトだけ交換とかかもしれないもんね。

さて、これから1年新しいfitbitはもつのでしょうか?

あと1年経てば、charge6?7?とか出てるかもしれないし、Googleウォッチになるのかわからんけど何か交通系マネー入っているものに買い替えようとは思っています。

その時の他社スマートウォッチの電子マネー対応状況にもよりますけども。

個人的にはwena頑張って欲しい。waon,suica,iD,クイックペイの4つ入ったらwenaにしちゃうかも。

とか言ってたらSuica+iDQUICPaydポイントANAヨドバシカメラ対応してる!!

地道に対応電子マネー増えてきてるじゃないか。

ただ私はEDY使わずJAL、ビックカメラ派なのだ・・・惜しい。

1年後にはSuicaの残高移行に対応しているスマートウォッチがあったらいいなぁと思っております。

とりあえず、困ったらアロンアルファ

耐衝撃ね、耐衝撃。