1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. グルメ
  4. ヒロセの新店探訪2 ミート矢澤系列。予約&タイムマネージメントが必要そう 白金高輪「無添加焼きそば BARチェローナ」

ヒロセの新店探訪2 ミート矢澤系列。予約&タイムマネージメントが必要そう 白金高輪「無添加焼きそば BARチェローナ」

|

白金高輪から明治通りを麻布の方に進んで行くと、かつては「鶴見」というモツ焼き屋がありました。

鶴見が閉店してから1年半くらいでしょうか。長らく空き家だった店舗に工事が。

「またミート矢澤系列かしら?」

「矢澤系列だったらハンバーグ欲しいよね」

「工場いくつかあって、あんな路地占領する勢いで車置いてるんだから、ハンバーグくらい提供してくれてもいいものよね」

と思っていたものの、看板が出来てみるとまぁ、「焼きそばbar」。初めて聞きますね焼きそばbar。

ということでオープンしたので焼きそば食べに行ってきました。

8席のカウンター席は夜19時になると一瞬で満席になり、手前の方のスタンディングに2,3人は入れるかなという感じ。これは夜予約しないと入れない店になりそう。小さいお店です。

焼きそばは、ゆでて、流水できっちりとしめ、その間に鉄板に目玉焼きと豚肉、そして蒸し焼きのキャベツを準備していきます。

丁寧に焼いていく麺に徐々に具を入れていって出来上がった焼きそばはクッキングペーパーに載せて私の元へ。

さすがに焼きそばは美味しく、卵の黄身の固まり具合が絶品。豚肉も増量したい美味しさ。

しかしながら、鉄板料理は店主が1人で作るために、6組が焼きそばに海鮮、野菜の焼き物を注文していると、相当待つな。20分以上待つのでは。

そうなると早めに鉄板料理を注文しておいて、鉄板以外の料理でどう繋いでいくか、というタイムマネージメントが必要そう。

ちなみにとっても嬉しいのが牛ホホ肉の赤ワイン煮込みがあったこと。これは焼きそばカットで赤ワイン煮込みに+αのメニューを食べる日も別途作りたいわ。早々にチェックしよう。

サービスは新店だし、新人の方なのかな、という混乱感、目が届いてない感はありますね。改善していくといいですが。

そしてたくさん頼まれてお腹いっぱいの方が持ち帰りを頼んでいたけどもしていないと断っていてMOTTAINAI。焼きそばにおかずがいくつも残っていたのに。様子見でごく少量の注文にしておいて良かったな。
できるように頑張ります、とは言っていたので頑張って頑張って。

年末年始以外の休みはない、とのことですので周囲の店舗が閉まっているタイミングや空いているタイミングにまたチャレンジしたいです。

<関連記事>

無添加焼きそば BARチェローナ焼きそば / 白金高輪駅泉岳寺駅

夜総合点★★★★ 4.0

おすすめ記事(表示されない場合もあり)