1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 原題の方がよかったのでは 「「頭のいい人」はシンプルに生きる」 ウエイン・W・ダイアー 三笠書房

原題の方がよかったのでは 「「頭のいい人」はシンプルに生きる」 ウエイン・W・ダイアー 三笠書房

原題が「Pulling Your Own Strings」。

自分の人生を自分でコントロールしよう、という趣旨の本ですので
「シンプルな生活」の本を探していた、という目的としてはハズレ、
の本でした。

しかし、自分の人生を自分でコントロールする、この本の言い方を使うと
「他人の犠牲者にならない」方法というのは、
元々犠牲者として振る舞うことしか出来なかった人間からすると、
非常に参考になる、新しいマインドセットへの気づきが多い本でした。

冒頭の犠牲者になる9つの言い訳のうち、3つが自分の口癖、
考え方に沿った言葉であり、それがいかにして犠牲者であるか
の説明を読んで、目からうろこでした。

読んで早速、お店の人への依頼の言葉遣いを変えてみたり、

ひと口食べるごとに、まだ腹が減っているのかどうかを
胃に聞いてごらんなさい。
減っていないようなら、とりあえずその場で食べるのをやめ、
また胃が欲しがるまで、次のひと口にとりかかっては
いけない。

という言葉を念頭に置くだけで、結構な食事の量が変わってきたりと
いい変化が表れ始めています。

最後にあった「現実」との賢いつき合い方にあるように、
自分の態度は自分で決め、過去のことに固執するのではなく
「解決」にエネルギーを注げるようになりたいと思います。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)