1. トップ
  2. 買い物評価
  3. パソコン・電化製品
  4. 周辺機器
  5. マイクロソフト デザイナーマウスが壊れたので Wireless Mobile Mouse 4000に買い替え。おすすめポイントの違い

マイクロソフト デザイナーマウスが壊れたので Wireless Mobile Mouse 4000に買い替え。おすすめポイントの違い

やだわ、1年でマウス壊れちゃって。

スクロールの軸が中で折れているらしく、スクロールがからからと空回り。これは、ページをきちんと閲覧できないぞ。

とういうことで、買い替えて早数週間が経ちました。

以前の買い替え記事。

マイクロソフト アークマウスを買うのをやめた2つの理由、買ったマウスを選んだ理由

これを持っていたわけですね。ある程度の良かった点は上の記事にありますが、追加して

電池の持ちが良かった

その前のマウスが毎月電池切れになった勢いでしたが、半年くらいゆうに持ったんじゃないかな。ストレスなしでした。

持ち運びやすい形状

買いかえてわかりました。このマウス、かばんがふくれない!非常にスマートな、持ち歩きやすいマウスだったのだなと今、ふくれるかばんを見て痛感しております。

新マウス

いくつか違いが。

USBにさすタイプに

ブルートゥースが接続外れちゃって、その設定を直すのに時間がかかる、というが月イチくらいあったのが面倒だったので、USBさすタイプに。初めて使います、このタイプ。

今のところは順調ですかね。

現在のパソコンはUSBポートが3つあるので、余裕があってよいです。

マイクロソフト マウスキーボードセンター対応!

これですよ。なぜか、前のマウス非対応。それで、同じマウス買い替えしなかったわけです。

このソフトに対応していると、インストールすると、それぞれのボタンを自分の好きな動作に変えられるのです!!

まずは、スクロールをクリックするとエンターに、左クリックボタンの左にあるボタンは画面のスクロールにしてみました。

エンターがマウスにあると何が便利かって言うと、ポップアップのYESがただエンターを押せば進むということです。

画面スクロールは、左手の親指でさっさと画面を読み進めることが出来て便利。

アプリケーションごとに変えることもできるので、状況に応じて設定してみたいと思います。

ヒロセマリでした。

こちらの記事もおすすめ