1. トップ
  2. ヒロセ流ポイント・マイル術
  3. 3.調査してみていいなと感じた点 ヒロセのJALグローバルクラブへの道

3.調査してみていいなと感じた点 ヒロセのJALグローバルクラブへの道

最初は「私には別世界」と思っていたが前回「あれ、貯められるのでは?」と思ったJALフライオンポイント。

クレジットカードを利用したり、いろんなポイントから交換可能なマイルと違って、「搭乗したらもらえ」て、「1月1日~12月31日が期間。年が明けると0ポイントに」というとにかく飛行機に乗る人のためのポイント制度

調べてみると、どうも、この3万ポイントの「JMBクリスタル」では、分が悪い。どうにか5万ポイント獲得して、「JMBサファイア」会員にならないといけない。サファイア会員になると、「JALグローバルクラブ」への入会資格が得られます。

そうすると、保安検査場スムーズ、ベストポジションのラウンジ利用、優先搭乗で早々搭乗がずっとできると。

魅力に感じた3つの権利

1.特別保安検査場があってスムーズに搭乗口へ

これがほしいなぁと。

ポケットからスマホやらiPodやらあれこれ出して、飲み物などを出して、と大変なこの保安検査。結構並ぶじゃないですか。

それが、特別のレーンから入ることができるという素晴らしさ。

やっぱり月1程度飛行機乗ってますから、このショートカットは魅力的。

2.ラウンジ利用権

クレジットカードがあるので、カードラウンジは利用できるのです。

何が違うか。ポジションです。

羽田こそ、保安検査場越えたところにラウンジがありますが、その他の空港はたいがいエリア外。

そうすると、出発30分くらい前にラウンジを出て、保安検査場通過。

そこから10分くらい時間を潰して、搭乗口で待って、搭乗となります。

この10分の積み重ねが、結構面倒に感じるくらい、乗ってます。

ラウンジ利用できると、空港についたらまず保安検査場通過。そっからラウンジに入って、時間をつぶす。

搭乗15分前くらいになったら、ラウンジを出て搭乗口に。あまり待たずに搭乗。ああ、楽。

3.優先搭乗

あまり待たなくていいのは、これ。優先搭乗があるからです。

お子様連れ、お年を召された方が先に入場してからの優先搭乗。これがあると、待ち時間がまた減るのではないかと考えます。

この3点セットが魅力で、欲しいなと思いました。

一度入会すると、カードさえ持っていれば永年会員

あとはこれが後押し。一度入ると、カード年会費さえ払えば、このメリットがずっと受けられると。

さて、どうする。

つづく。

ヒロセマリでした。

もくじへ

 

こちらの記事もおすすめ