1. トップ
  2. ほしいもの
  3. 「いますぐにでも買いに走りたい文房具総選挙2014」の私の気になる文具12/70

「いますぐにでも買いに走りたい文房具総選挙2014」の私の気になる文具12/70

|

月刊アイテム情報誌「GetNavi」さんと表参道の「文房具カフェ
連動で、文房具の総選挙
7月31日開催 「いますぐにでも買いに走りたい文房具総選挙2014」
があったので参加してきました。

8月23日発売の「GetNavi」10月号で
アンケートの結果発表がなされるとのことですが、
まずは私の気になった文房具を。

1.呉竹 ZIG メモリーシステム ウインク オブ ステラブラッシュ

メタリックで、写真にでもなんでも書けちゃう、
という商品は過去にもありましたが
そこに呉竹さんらしく筆で書ける、というのは新しい。

書家の人に、変わったものに書いて作品を作っていく
みたいなイベントとか開催したら楽しそう。

使って行くうちに硬くなったりしないのかな?
というのがちょっと心配かな。

2.ヒサゴ 目隠しノート

これは!!お客様複数社回る際とかこのページ隠しに
一番気を遣うので、伝わる人にはこれがあると非常に
「はかどる」と伝わるはず。

3.グラフィーロ&イーロ

これは「神戸派計画」という会社さんをチェックだ!と思い
二つセットでのご紹介。

なんだ「万年筆でぬらぬら書く」って!という。
万年筆を持っていき忘れたことをこの前で非常に後悔です。
いや、書いてはいけなかったかもしれないので、よしとしましょう。

イーロというのはきれいな色のノート。
そう書くと簡単なんですけど、実はそんな簡単な話じゃないと。

中の罫線が、表紙の色と合っているノートというのは、そうないぞと。
大量生産のラインを計画すると、小規模の冊数になる、
インクをいちいち入れ替えての生産は割に合わないのだそうです。

ゆたかな色彩は、くらしや仕事を楽しいものにしてくれます。

そんな思いで作られたイーロ、

かわいいでしょ。

4.ココフセン

私は本を読むときのために、読む本読む本に
ふせんをつけていってます。
また、貼り忘れたとき、尽きてしまった時のために
手帳にもふせんを貼っています。

この粘着力がつきると、はがして次のふせんを貼って、
ということがありますので、微減ではありますが、
ふせんを正しい使い方をせずに捨てているわけです。

そのムダを解消してくれるのがこの商品!
とわくわく。

あとは、このケースの粘着力ですよね。
私の場合は本から本へ、という移動をするので週に何回か
貼り付けかえるということがあるんです。

そこさえクリアすれば、このサイズ

で5つくらい買ってしまいたい。
まず1つ、試してみようかしら。

5.ロルト

また、キングジムさんはとがった商品を出してくれますね。

スマホの情報を、そのまま印刷するという商品です。

レシピサイトの情報を印刷するイメージが掲載された
説明用紙が置いておりました。

それで、利用する人のイメージが浮かんできました。

エプソンやキャノンといった旧来のプリントメーカーってこれから
大変だと思っていて、それは今の若者が
本当にパソコンを使わなくなってきたということ。
スマホというものの発展で、こんなにもはやく若者が
パソコンを使えなくなるとは思っていませんでした。

パソコンすら使わなくなり、邪魔だと思う若者が
従来の大きなプリンタを買いたいと思うでしょうか。

それはいらないけど、ちょっとこの情報が手元にあったり、
人にぱっと渡したい、というときに
このロルトは非常に便利だと思いました。

6.ジップケーブルポーチ

これも凄い。USBケーブル内臓型ポーチ。

説明用紙が置いてなかったので今調べましたが、

※USBケーブルは取り外せません。

漢らしい。。。

USBケーブル一本で行く、このUSBケーブルと心中するかのような
開発者の熱意が伝わってくるようです。

でも確かに、今はUSBケーブルで汎用的に充電できるように
なってきて、
タブレット、ミュージックプレーヤー、Wi-fi、キーボード、イヤフォン
と全部USB。
ドコモ以外はこのポーチで充電・接続可能と考えると
なるほど便利かも。

7.topdrawer 真鍮ケース

もう、見た目勝ち。
こんな輝きがペンケースの中にあったら、
徳川埋蔵金見つけたような気持になっちゃう。
他社の製品が総プラスチックであることを考えたら、
修正テープで差をつけたい文具好きはもうこれしかないですからね。
独占です。

8.trystrams SPREAD トラベルボード

伸びるっていうのがいいですよね。
ゆとりが必要ですもの。

柔らかさもあるので、デジタル機器を入れるのもいいですね。

9.コクヨ リエデン(ReEDEN)
麻とヨシのノート

コンセプトに共感というね、そんなノートです。
コクヨ工業滋賀の25周年記念の一環として企画された、
滋賀のものを使って作られた、1000冊限定のノート。

こちらのサイトを見て、素敵だなぁと思いました。(スミ利文具店

10.KOKUYO ビニールパッチホルダー
〈ワンパッチスタンプ〉(2穴タイプ)

一穴用は存じ上げておりました。
しかしながら今回は2穴タイプ。

どれだけ、穴あけ資料の保全に努めるか、という
資料ボリュームによりますよね。
ヘビーユーザーには、この商品による「はかどり」感は
計り知れないものでしょう。

11.旅するEDiT

手帳ゆる友 と 旅するEDiT企画
という企画に参加したいと思いつつ、企画開始前の6月7月に激しく
国内を飛び回ってしまったわけですが、
そんな旅の思い出に、こんなおしゃれな冊子が出来たら
素敵だなと思っています。

企画自体は過去旅OKということですので、応募者のスケジュールと
行先踏まえて、足りないところがあれば補完、という形で参加できれば
お役に立てるかな、と思っています。

そして、その時にどれくらいの情報量を盛り込めるのかな、
というのも確認できたらうれしいな。
ちゃんと確認しないと、私の場合このEDiTだけで数十冊、ということになりかねないので。。。

12.ジェットストリームスタイラス

これすごかった。
ちょっと前に、日経産業新聞か何かでこの開発の記事を読んでいて、気になっていたのです。
その実物に触れることができました。

実際にタブレットに触れてみると、特殊繊維のAgファイバーチップが
不思議な感触。

今までのタッチペンが「カチッ」とか「カツッ」という感じで
硬かったのに比べると「ざらっ」という感触。
かといって抵抗を感じるわけではない、絶妙のさわりごこち
だったんです。

家のパソコンのタッチペンでは、指の時のように
スクロールできないのが不満だったのですが、
それがこのペンではできるかも?
win8の画面でも触ってみたいという気持ちでいっぱいになりました。

今使っている4色プラスシャープペンのスタイラスが
発売されますように。
それでたら3500円でも買います。

結果

ということで結局は最後に紹介した
三菱鉛筆 ボールペン ジェットストリームスタイラス
に投票させて頂きました!

理由

  • 実際にジェットストリームを利用していて、
    書き心地で仕事がはかどっている
  • 新聞で見ていて、気になっていた機能が実際さわりごごち良かった
  • ネイルをしている女性などには欠かせないはかどりアイテム

他にも、タイミングがあいまして

ROLODEXのデジタル版ともいえるメックル

名刺スキャナ+名刺ボックスであるビズレージの開発者の方の座談会も聞くことができました。

この座談会の内容や、60を超す文具の中の「はかどり」頂点に
選ばれる文具については8月23日発売の「GetNavi」10月号を楽しみに待ちましょう!

<関連記事>
手帳におすすめなペン
人人生を楽しくする文房具 文具術 DIME 2013年7月号
ケータイ、スマホ、デジタル用品+αがしっくり収まるバックインバッグ DELFONICS インナーキャリング
2014年 100冊チェックした中の気になる手帳20
・総額1万円】おしゃれなペンケースと美しいデザインの厳選文房具【中身まで美しく!】

こちらの記事もおすすめ