1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 阿部圭介さんのバールが広尾に! PIETRE PREZIOSE(ピエトレ・プレツィオーゼ)

阿部圭介さんのバールが広尾に! PIETRE PREZIOSE(ピエトレ・プレツィオーゼ)

|

「これ!」と思わないことに対して足を運ばないように心掛けるようにしてから
「これ!」と思ったことに対してフットワークよく動けるようになったと感じます。

自分の直感を信じて、外れることはあまりない、と意識できるようになった
この数年、日々の充実度が上がってきています。
「断る力」というものなんでしょうか。

さて、そんな私が「これ!」と思って即伺ったお店が、こちらのお店になります。

敬愛する川口葉子さんのツイッターに「阿部圭介」さんの文字が。
新店オープンの記事の紹介でした。

かつて、私がエスプレッソマシン

を購入する前に、
当時あった代官山のデロンギに行ってエスプレッソの講習を受けました。
その時の講師が阿部さんでした。

阿部さんが手を添えてくださるとなんともかわいいカプチーノになることに
感動し、当時阿部さんのいらした駒沢のお店にも伺いました。

そんな心の師匠、阿部さんのお店がオープン、しかも2日前にとなれば居ても立っても居られません。

急ぎ、お店に向かいました。

お店にはカウンターを中心に20人くらいはいるのでは、というお客さん。
幸いにも、テーブル席には余裕がありましたので、友人とテーブル席に。

コーヒーメニューは後で頂くこととして、まずはお酒を。
この近辺では嬉しいカクテル1杯500円。
ワインもボトルで2,000円からあるとのことで、ワインをしこたま頂いてしまいました。

フードメニューはこれから拡充していくとのことで、
ワンプレートの盛り合わせを頂きました。
生ハム、サラダ、キッシュ、砂肝のコンフィ、いわしのフリット、
トマトとなすのラタトゥイユなど、味が濃厚でお酒が進みます。

これからは様子を見つつ、朝の時間帯なども開き、
近所の方が気軽に立ち寄れるお店にしたいとのお話。

まさに普段使いにふさわしい雰囲気とごはんに満足したら
最後にカプチーノをいただきます。

雪だるまが描かれたカプチーノを飲みながら
このカプチーノが気軽に頂けるとなると、我が家のエスプレッソマシンの
稼働率が下がってしまうな、なんて事を思いました。

他のお店の前後に軽く一杯でも、このお店目当てでも。
使い勝手の良いお店の誕生を嬉しく思います。

また、メニューが増えたころにお邪魔したいと思います。

ピエトレ・プレツィオーゼカフェ / 広尾駅

夜総合点★★★★ 4.7

こちらの記事もおすすめ