1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 洋食屋大越が50年そこにある理由。

洋食屋大越が50年そこにある理由。

|

昔ながらの洋食が食べたくなり、こちらに訪れてみました。

麻布十番駅から飯倉の坂を上がり始めたあたりにあるお店。

おかずプラスパスタ、おかずプラスご飯を中心としたメニュー構成。
50品程度あるのではないでしょうか。

始めてくる洋食屋ということもあり、ハンバーグライスを注文。

注文するとほんの数分で到着。

ごはんに味噌汁、ハンバーグの皿にはさらっとしたデミグラスソースに
キャベツや玉ねぎのコールスローが添えられています。

眼前に麻布十番、右と左に東京タワー、六本木
というこのロケーションに、買い物袋を掲げたサラリーマンや、
スエット地の服に身を包むカップルというギャップ感に
包まれながら、食を進めます。

ハンバーグを半分と少し食べ進んだ段階で、
おかみさんから「ソース足しましょうか」
とい笑顔で声をかけていただき、
お言葉に甘えて追加してもらいました。

そんな暖かい目配り、言葉をかけられ、
例えば元気が無くなるような出来事が起こり、ご飯を作る気力もなく、
買って家で食べるのも辛いというとき、
私はここに来るんじゃないかな、と感じました。

麻布のおしゃれなイタリアンは、おめかしして、それ相応に
準備と、気力が必要なもの。

東京のこんな場所だから、このお店が必要とされてきたんだ
と納得のひとときでした。
このお店を知っている、ということが、いざという時に心の支えになるかもしれません。

洋食屋 大越洋食 / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

夜総合点★★★★ 4.3

こちらの記事もおすすめ