1. トップ
  2. book
  3. 母親の息子を思う気持ちは見苦しい 吉屋信子徳川の夫人たち(上) 朝日文庫

母親の息子を思う気持ちは見苦しい 吉屋信子徳川の夫人たち(上) 朝日文庫

漫画の大奥の最後で参考文献が掲載されており、
理解を深めるため、また吉屋信子さんの本を読みたい、ということで
読みました。

漫画の大奥の2巻から始まる家光時代のみならず

ドラマで放送されていた大奥第一章も含めて、この小説が与えた影響は大きいですね。

そのせいか脳内は春日局は松下由樹さんのビジュアルイメージで進んで行きました。

大きな感想は、「母親の息子を思う気持ちは見苦しい」なのですよね。
春日局の息子を思う狂信的な気持ちが日本を動かしていく様は、
見苦しいとしか言いようがありません。

お万の方に接して思うのは、過度な美しさは決して幸せではなく、
不幸を呼び寄せるということ。
本人の意思に関係なく羨望と、嫉妬という感情を呼び寄せてしまう外見は、
人にとっては武器になり、人によっては狂気になると、
実際に余りに美しすぎて、逆に幸せに生きられていないのでは、
と思う人を見たことがあるのでそう感じています。

お万の方の心映え、振る舞いには心が洗われる思いでいますが、
上巻の段階で春日の局が逝去となると、
このあとまだ長い下巻の事を思うと、若干気が重くなります。

こちらの記事もおすすめ