1. トップ
  2. book
  3. 人として、誠実に、良心を持って仕事をする。 「税務署は見ている。」飯田真弓 日本経済新聞出版社

人として、誠実に、良心を持って仕事をする。 「税務署は見ている。」飯田真弓 日本経済新聞出版社

もっとコミカルな内容かしら?と読む前は思っていたのですが、
丁寧で、真摯に税務署の方々のお仕事を説明くださる本でした。

経理の仕事に携わっているわけではなく、
税務署と、会社がどのように関わっているのか
あまりイメージがついていなかったのですが、
この本を一通り読むと、どのように税を徴収しているのかを
把握できました。

愚直に、自分の良心に照らし合わせて、日々適切に処理をしていく。
原則にのっとることが、結局はその会社が成長していく方法なのは、
節税して短期的な金額はプラスでも、
その姿が、経営者として周囲に与えるイメージが悪く、
結局プラスマイナスでマイナスに働いていく、
ということは、一会社員としてわかります。

人として、誠実に、良心を持って仕事をする。

この税金をどのように使って行くか、とか分配あたりの
お役人仕事の本も読んでみたいですね。
人事部は見ている。」という本があるとのことですので、
こちらもチェックしたいと思います。

こちらの記事もおすすめ