1. トップ
  2. book
  3. 子どもが妊娠しないようにと心配する親は、これを子に渡したら 「空中庭園」角田光代

子どもが妊娠しないようにと心配する親は、これを子に渡したら 「空中庭園」角田光代

とにかく、小泉今日子さん主演で映画化した、というイメージが強い本。
秘密を持たないというルールの家族の話、になっているのですが
母娘問題がインパクト強すぎて、その印象につきる本でした。

秘密を持たないというルールを決めた母親からしてもう嘘だらけ。
でもその背景にあるそのまた母親との関係が、当たる人には
どんぴしゃ突き刺さる内容となっております。

先日読んだ「母と娘はなぜこじれるのか」にて、
なぜ角田さんと対談をしたのか、この本を読んで納得しました。

章によって人称が変わっていくのですが、母親から祖母に移った時の
認識の違いといったら。
母親は一生苦しむけど、祖母はその苦しみを一生わからないのかな、
という絶望的な本。

えりこさんはその呪縛から今も抜けられないのが辛いだろうな。
断ち切ることが出来ずに、「空中庭園」に逃げている。
空中庭園も、タイトルになるほどの立派な庭園というわけではなく、
象徴としての「空中庭園」という意味合いが強かったのが
当初の想像を裏切られました。

しかし父親が情けないですね。学生時代に子供が出来てしまったことで
人生が変わり、変わったとしてもそれから17年経った今でも
子どもがあの時出来なかった自分を想像して
そんな空想に逃げている。逃げ続けている。
自分から逃げて、女に逃げる、器の小さい色魔。
マナちゃんに手ださないだけまし、でしょうか。

この本を中高生女子に読ませたら、うかつに妊娠すると大変だ、
と痛烈に伝わるんじゃないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ