1. トップ
  2. 切手
  3. 古葉書・切手の有効利用
  4. 使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その3

使わない切手を利用して官製はがきに交換作戦。 その3

さて、官製はがきに交換するのにどれくらいの切手が必要かしら。前回このように決定しました。

この春交換量決定

  • 10円切手35枚=350円
  • 62円官製はがき30枚=1,860円

使う切手確認

はがき、切手に交換する以外にもゆうぱっくに使っていたりして、いい具合に80円切手は減ってきている。50円切手は、63円にもなると、差額を埋める少額切手を使っていくと、結構券面が足りなくなってきます。

ということで、今回は50円切手を中心に交換したい。あとは110円みたいな高額切手があったので、これも交換しよう。

切手組み合わせ検討

この数字組み合わせ検討が楽しいんですよねぇ。1枚につき5円の交換手数料を引いて組み合わせを決めていきます。

合計料:2,210円

  • 110-5=105×3=315
  • 2210-315=1895
  • 50-5=45
  • 1980/45=42.1
  • 110円切手3枚
  • 50円切手43枚

これでOK~。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)