1. トップ
  2. 大好きなものを買って出費を減らす
  3. 1人暮らししてすぐ買ったセブンチェア、10年目の修理体験

1人暮らししてすぐ買ったセブンチェア、10年目の修理体験

|

今現在も使っている、執筆には欠かせないセブンチェア。

【新品】 Fritz Hansen フリッツハンセン セブンチェア ラッカーホワイト

こちらが、年末に壊れました。

座面と四本脚部分をつなぐ接着部が外れました。

この背面の中央丸い部分が、ぱかっと。

10年くらいで、壊れる模様

記事を調べてみたら、10年くらいで最初の接着部は取れてしまう方が多いようですね。

日本では公式サイトから修理の連絡を入れると、キルト工芸さんというところで修理になる、とのこと。

ほぼ日のこの記事を読んで、ここに決めたと申し込み。すてきな椅子と、 ながく付き合うこと。

修理で めっちゃ頑丈に。10年もつな

今までの接着箇所の10倍以上くっつけていただけた強力修理を終え2週間程度で我が家に帰って参りました。

これで10年後、2030年になっても余裕でもつな!!と嬉しい思いです。

長く使いたいなら正規品が良くなってくるね

今回の修理が1万2千円弱。配送で往復8千円かかって2万円となりました。

購入代金と修理費2万円、10万円弱で25年はつかえると思っています。

これがもしリプロダクトで、5年に一度壊れるとしたら・・・と比較しても、金額的にはリプロダクトの方が優位。

しかし、この場合5年に1度、壊れた椅子を粗大ごみにだし、新しい椅子を選び、その送料も考え購入するという行為が必要になります。

それも考えるとやっぱり正規品を買って良かったなと買って10年して思いました。

あとはほぼ日の記事にも書いてあった、たたずまいが違うという事。最初に本物を置くことで、私の一人暮らしの環境がどれだけ違ったのか。これはそうでないことを考えたくないくらいです。

この雰囲気が好きすぎて、デンマークまで行っているわけですから。

お気に入りです。これからも大事にしていきます。

次の記事

おすすめ記事(表示されない場合もあり)