1. トップ
  2. 既存のもの・知識・サービスで出費を減らす
  3. ふるさと納税
  4. 2019年の失敗ヒロセのふるさと納税やってみた40

2019年の失敗ヒロセのふるさと納税やってみた40

|

前回記事

2018年、2019年まったく書いてなかったのでこれからこの2年のふるさと納税振り返るわ!

2019年締まってひとこと。ワンストップ特例狙ってたのに失敗した!

ワンストップ特例とは

ふるさと納税にまつわる手続きを簡単にしてくれる特例。

これにのっとると確定申告の複雑な手続きなしでお金が浮く、のですがうっかり。

1月10日締日で、まさか申請漏れてないよねと思ってたら正月、2019年の1月3日に申し込んだ分のワンストップ特例申請が漏れていた。

年末年始、具合悪くて動けずに最終確認したのがちょっと間に合わず・・・

ワンストップ特例をスムーズに出せる体制を整えたのだけど、整えたのが夏の話だったので、それ以前のしてなかったという!なんたる!

確定申告・ワンストップ特例お金の入りの差

ここ数年ワンストップ特例を使っていたので寄付をした翌年6月から1年間住民税が安かったです。給料で引かれる税金が下がる=手取りアップという形でお金が1年間入ってました。

確定申告の場合、住民税もちいとはあるのですが3月ごろに所得税還付として一括でお金が振り込まれるのがメイン。

なので、私の感覚上、3月にお金が一気に入る分、住民税控除額が減る6月から1年間、手取りが減るというイメージを持たないといけないです。

詳しくはこのページの説明が絵もあってわかりやすいです。住民税控除について|ふるなび

確定申告レポはこちら

実際確定申告した記事はこちらから。やってみたら、まぁなんとかできるもの。

源泉徴収きたらすぐとりくみまーす。

続いて近年の返礼品について紹介するので次の記事を待て!

次の記事

次回から納得の返礼品について紹介していきます。おすすめ。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)