1. トップ
  2. ポイント・マイル・ものをふやす
  3. クレジットカードやポイントカードでふやす
  4. 2018年、切るべきクレジットカードは無いか、検討する

2018年、切るべきクレジットカードは無いか、検討する

新しいカードを作るということは、年会費が新たにかかり、新たな還元率で貯まっていくということ。それを考えて、何かを減らせるか吟味しないといけませんですぜ。

手持ちカード(年会費がかかるもの)

JAL東急カードJGCカードClub-A(マスター)

呪文のように長いカードになってまいりました。

アトレビューSuicaカード(VISA)

辞めます。大変だったここまで来るのに…後述。

JALカードSuica(JCB)

年会費請求の来る月までにビューサンクスポイント→JALマイルの交換比率が発表されないかなぁ。

これらを、どう取り扱っていくか。

JAL東急カードJGCカードClub-A(マスター)

思ったより多い、東急加盟店利用

JALだけでなく、東急ポイント、東急プラザポイント、株主優待もある兼ね合いで使ってる。あと東急モールも結構使ってる。びっくりすることに。

半年で54万円。ひぃ。夏の大量洋服買いにコート代が大きいわ。

そう、秋から株主優待もカード払いが可能になったから、それでもJALマイルが貯まるようになりました。

半年で7千マイル。7万円分貯まってる。

これを「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」に切り替えた場合。年会費1,000円。

銀座東急で3倍になる。

クレジットカード利用は0.5%の東急ポイント。→2,730東急ポイント

加盟店利用がざっと6,553東急ポイント

9,293東急ポイント→4,646JALマイル。4万6千円。

14,040円→140,000円
1,080円→92,000円

うーん、やっぱり手数料かけてでも、JAL東急カード+ショッピングマイルプレミアムを付けておいた方がいいなぁ。

しかし。他のカードに入るので、こちらをClub-Aにする必要はなし。7月終わりまでに切り替えれば夏からは5,400円になる。年間8,640円安くしよう、うん。

アトレビューSuicaカード(VISA)

11月から準備してきたのに12月、JR東系のポイント以降にてこずりまして。

JREポイントのコールセンター→ビューカードのコールセンター、ここと3往復で年越し

→再度JREポイントがうまくいかない→コールセンター→ここも督促含めて3往復

ようやく!SuicaポイントとアトレビューSuicaのJREポイント、現金カードのJREポイントを1会員番号にまとまりましたよ。

これから年会費の請求の返金求める連絡して、解約と。

年間515円安くなる。

JALカードSuica(JCB)

大原則として、ビューサンクスポイントが来年度でなくなる。最悪2019年3月エンド。

ビューカードのご利用で貯まるビューサンクスポイントも 2018 年度中に JRE POINT へ共通化し、さら
に貯めやすく使いやすいポイントサービスを目指してまいります。

そうなるとJRE POINT→JALマイルになるはずで、そのポイント率がどれくらいになるのか。それがずっと待っております。

そして、JALカードの年会費がかかるのは7月。

私の動きとしては

4月末 上限である20,000円までチャージ。黒い多機能券売機ならビューアルッテでは出来ない500円単位のチャージができるのでそちらで。

5月中旬→電話にて新カード入会相談~6月に入会→ラウンジのカードを旅行前に取得

6月15日 チャージ分のポイントが付与される。それも含めたポイントでできる限りのビューサンクスポイントをJALマイルに交換。2,000~3,000マイルになるはず。

6月30日(土)までに JALカードお客さまサービスセンターに電話してJALカードショッピングマイル・プレミアムを退会、合わせて新カードに入れていたらClub-Aを一般カードに切り替え

Tel:0120-747-907
<携帯電話・PHS/海外からは> 03-5460-5131
月~金 9:00~17:30、土 9:00~17:00(日・祝日・年末年始は休み)

ビューサンクスポイントの移行後のレートを確認

良い→Suicaのチャージなどに利用し、マイルに交換したいタイミングで再度JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会。

これはJALSuicaの場合、利用時にポイントが付与されるのではなく交換時にマイルが倍になるという特性があるから。交換をしない時期は会費を切っておくほうがお得。

悪い→2019年5月までとりあえず保持後、解約

最低でも2,160円、うまくいけば5,400円安くなる。

年会費を安くして、その分よりメリットのあるカードへ

11,315円or14,555円年会費を減らして、33,480円分追加。うん、いい感じになってきた。

ということで、前回記事同様、今年もあれこれ考えて体験していきたいと思います。

ヒロセマリでした。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)