1. トップ
  2. 本・マンガ
  3. ノンフィクション
  4. 読書メモ 2019年2月
  1. トップ
  2. 本・マンガ
  3. 事件
  4. 読書メモ 2019年2月
  1. トップ
  2. 本・マンガ
  3. 家族問題
  4. 読書メモ 2019年2月
  1. トップ
  2. 本・マンガ
  3. 小説
  4. 読書メモ 2019年2月

読書メモ 2019年2月

私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない 小倉朋子 文響社

直近3か月、食生活の優先順位を下げて生活していたので、手に取ったのだと思います。何か雑誌か、新聞の広告で目に付いたはず。

冒頭、編集者の激賞から始まっていて、それがすごく印象的。

野菜や調味料といった素材へのこだわり。そしてルール・マナーの背景など好感が持てました。

私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

風に舞いあがるビニールシート 森絵都 文藝春秋

みかづきがドラマされていて、ドラマは2話か3話で脱落したものの、気になってこの本読んでみたのです。読んでみて良かった。タイトルで何か、全く違う物語を想像してましたよ。

短編6つ、これは直木賞受賞も納得だ、と思いました。そして最後まで読むと、表題作は最後のこれだな、と。

タイトル見て他の作品に手が伸びないのだけど、読んだら印象変わるのかなぁ。

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)

ダンシング・マザー 内田春菊 文藝春秋

内田春菊さんの本は、南くんの恋人のドラマから始まり、ファザーファッカー、私たちは繁殖しているシリーズなど読んでいるので、これは!とソク読み。

ファザーファッカーの世界観を、母親目線で書く、という本。

春菊さんはきっちり今も母と絶縁してるのが素敵。好き。

刊行にあたってのインタビュー系も目を通しまくり。またファザーファッカー読み直したくなってます。

ダンシング・マザー

事件現場清掃人が行く 高江洲敦 飛鳥新社

ここらでひとつ、事件系読まないと我慢ならなくなりましたね。

事件現場、その一つ一つの背景、そして高江洲さんの人生背景。

何かあったら、お願いしたいなぁと思わせるプロの腕、信念。

気になって高江洲さんの近況を検索。お子さんも産まれてらっしゃって嬉しかったな。

事件現場清掃人が行く (幻冬舎アウトロー文庫)

おすすめ記事(表示されない場合もあり)