1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. グルメ
  4. 夢か真か 一般的イメージの白金には駅前にこういうスペース欲しいよね 白金高輪「洋菓子司白金堂」

夢か真か 一般的イメージの白金には駅前にこういうスペース欲しいよね 白金高輪「洋菓子司白金堂」

|

2015年、4月16日に白金高輪駅前に洋菓子店がオープン致しました。
駅前で、駅ビルの1階にあるんですけどなぜだろうね地下鉄の駅でてからちょっとわかりにくいですよね。
大通りに面しているので、むしろ歩いたり車に乗っている人の注目を浴びているかもしれません。

白金高輪は白金エリアの駅ビル、アエルシティも高輪の方の図書館とか入っている駅ビルもとにかく導線が悪い。駅ビルの飲食店に人を入れたくないのかな?というデザインでありますので、
注意して、わからなくなったら大通りの方に行って頂きたいです。

まあ駅ビルのつくりはこのお店の非ではありません。
洋菓子のお店ならおいおいでいいかなと思っていたのですが、なんとカフェ併設でご飯メニューもあるということでふらりとお邪魔しました。

19時ラストオーダーですがラストオーダー前に何客かやってきました。
営業時間もう少し長いほうがありがたいような気もしますが、しばらくしたら客足も落ち着くかしら。

サラダは1,000円クラスの物で、シェア前提でした。メニューはオムライスとサンドウィッチ。
オーソドックスなオムライスに黒毛和牛のビーフシチューがかかったものの2種類と
オムライスツナサンド、ローストビーフサンド柚風味の2種類のサンドウィッチ。

まずは基本の、オーソドックスなオムライスを注文しました。
チキンライスに、とろとろすぎず、固すぎずの卵がかかっています。
男性にはちょっと物足りない可能性がありますが、私はゆっくりいただいたらお店を出るころに丁度いい満腹感になったので、ごく適正量だと思います。

感動的!とかびっくり!といったタイプの美味しさではないのですが、1,080円で夜オムライスが
駅前でいただける、という環境を提示して頂けたことを評価したいと思います。
また食べに行くだろうな、と思います。

内装として壁に大きくカラフルな動物のイラストを配してあるようなおしゃれ店内ですので、
リピーターの有無は店員の接客態度によって、大きく変わってきそうです。
おしゃれな店で、店員が不愛想だったり慇懃無礼だったりすると普通のお店よりもがっかり感が強く出てしまいますからね。
2度目に伺う時はそのあたりを重点的にチェックしてしまいそうな気がします。

スイーツは抹茶・パフェ・かき氷とメインがフレンチトーストなんですね。並びには元LONCAFEの
フレンチトースト店、ブランノワールさんがあるので、その影響が気になるところです。
ブランノワールは夜4時ラストオーダーという夜更しさん御用達のお店ですので、時間帯によって
人が動くかな。

持ち帰りのお菓子に関しては、洋菓子なんだけど、江戸末期の日本という感じのデザイン。
パンフレットに書かれている「白金堂」物語というフィクションの話でも、江戸末期の設定のフィクションストーリーが描かれているので、そういったテーマ性を強く感じます。
ケーキは普通のケーキなので、人と一緒に行ったらケーキを選んでセットにして食べたくもあります。

調べると、ほぼ同時期に新宿伊勢丹にもお店を展開。こちらの客には「新宿伊勢丹にあるのか」
新宿の客には「本店は白金なのか」という相乗効果を持てそうな店舗配置です。

ややもすれば計算高い、あざとさ満点のこのお店が思ったよりも下町気質なこの白金の地に代々商売繫盛するのかどうか、当面見守りたいと思います。
でも駅前にこうやってある程度のスペースをもってケーキやご飯が食べられるカフェが少ないので、駅前にありがたいです。

白金堂 白金本店洋菓子(その他) / 白金高輪駅泉岳寺駅白金台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

おすすめ記事(表示されない場合もあり)