1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 縄文時代から二・二六事件までボケまくる 爆笑問題の日本史言論 爆笑問題 メディアワークス

縄文時代から二・二六事件までボケまくる 爆笑問題の日本史言論 爆笑問題 メディアワークス

爆笑問題の本読書シリーズ。今回は日本史言論です。

日本史をテーマに爆笑問題の漫才が繰り広げられていきます。

ただ、漫才のように見えて、今回ばかりは本の上の太田さんだな、
と思うのは説明量。
どうしても、歴史なのでその最低限の背景は説明しないと
いけないのですが、そこがどうしても実際の漫才としては
無理があるかな、と感じてしまいました。

ただ、最後の「平安時代の巻」にあった
「泣くよ徳光、平安京」から「関白するか?藤原紀香?」
の下りはテンポよく、笑ってしまいましたので、
続刊があるのであれば、慣れてきて面白くなっていくのでは、と
思いました。

(調べてみたら、他にありそうですので、読んで行きたいと思います。)

日本史は学生時代に学習しましたが、やっぱり、深堀して
知っていきたい、と思っていますので、解説部分にある本なども
読んで行きたいです。

読みたい本。

むむ、ぜ、全26巻・・・?

<爆笑問題の本の記事>
まさに「読む漫才」 爆笑問題の日本原論〈2〉 爆笑問題 
第一人者と軽妙なトーク 爆笑問題のピープル 幻冬舎
小説家の片鱗を95年時点で見せていた 天下御免の向こう見ず 爆笑問題

おすすめ記事(表示されない場合もあり)