1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 他の本と併読をおすすめ 母と娘はなぜこじれるのか」 斎藤環 NHK出版

他の本と併読をおすすめ 母と娘はなぜこじれるのか」 斎藤環 NHK出版

|

母は娘の人生を支配する―なぜ「母殺し」は難しいのか
(NHKブックス)
」を読んでからこちらを読むことをおすすめします。

著者の斎藤さんが、母娘問題にゆかりのある方と対談していきます。

角田さんの小説は同じ日に読み終わったばかり、
萩尾望都さんの「イグアナの娘」はマンガもドラマも見、
信田さよ子さんの「母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き」も
読んでいたので対談の背景を知った上ですっと読んでいきましたが、
今、実際困っている人は、「母は娘の人生を支配する―なぜ「母殺し」は難しいのか (NHKブックス)」、
母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き」の併読をおすすめいたします。

田房永子さんとの対談が、一番付箋が多くなりました。
実際の母との経験をマンガにされているということで、
呪詛植えのメカニズムと、呪詛抜きについてなど、マンガで
わかりやすく描かれているので、田房さんのマンガ作品にも
興味がわきました。

「母親から植えつけられた呪い、呪詛を抜いていく
『呪詛抜き』が必要だと思っています」

「いびつな母娘関係のラスボスは、男性の怠惰」

というような発言にひとつひとつ、頷く経験がある方が
いらっしゃるのではないでしょうか。
また、逆に全くぴんと来ない方も同じくいらっしゃるのでしょう。
それは、とても幸せなことだと知ってほしいです。

「母親の呪縛から解放される一番のポイントは、
自分は母親の思う通りじゃない、
母親の望む言動をしなくてもいいんだ、
イヤなことはイヤだって思っていいんだ、
と気づくことでしょうか。」

とありますが、このような本に出あっているということは
なんらかの気づきがあって読んでいるのかなと思うと、
それは大きな一歩だなと思います。
自分がそのような問題を抱えていることすら気づかず、
そう振る舞うのを当たり前と思っている人も多いはず。

また、

「今は母親との関係は、距離を置けているので、
直接的な被害はないんですが、自分のなかにある
母の呪縛みたいなものから、夫や子どもへの対応に
問題を抱えています。

お母さんとの関係が安定していなかったから、
夫に対してこれでいいのか、子どもに対して
これでいいのかと不安を感じたり、不安によって
夫に対してキレちゃったりする」

という言葉があったのですが、そういった、距離を置いてから、
自分が母となったときのよすがになるような
本というものも読んでみたくなりました。

<関連おすすめ書籍>

おすすめ記事(表示されない場合もあり)