1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 日経WOMAN12月号読んで「お金を貯めたい」と思った人が次に読む本。「働く女性の絶対貯まる!マネーノート」日経WOMAN編

日経WOMAN12月号読んで「お金を貯めたい」と思った人が次に読む本。「働く女性の絶対貯まる!マネーノート」日経WOMAN編

こちらが昨日発売になりました。

現在発売中の日経WOMAN12月号

の特集が「1000万円貯めた人の3つのお金ルール」
です。

こちらはファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さん監修の、
家計簿付きのノートです。

貯めた人の話を聞いて、いざ、自分がお金を貯めるには
どこから始めましょう、という段階で何していいかわからない!
となった時、こちらを開けば一挙解決!というシステムですね。

800円の投資、ですからこの本で月100円貯められたら
ペイできるという気軽さ。
という事を考え、最近はこういった本を躊躇なく使えるようになりました。

実際開いて書きこんでみました。

今日記入したのが、
「2015年の目標と予算を立てよう!」
のページ。

2015年の自分の計画を考えて、それに必要な費用を考えると、
月々自分がこの額でお金を使い、過ごしていかないといけないのか!
と身が引き締まる思いになりました。

しかも、現金いくら、クレジットいくら、という予算の立て方が
出来ますので
クレジットばんばん派の私には嬉しい限り。

ただ私の場合、現在家計簿データをつけているので、そのデータから
月平均を算出すれば良いだけなのですが、
そこから何していいのかわからない人がいるのではないかと思います。

そこで私なりに作業を分解してみました。

<こうやって2014年の実績を出してみよう>

1日目 給与明細を探し出して集める。
2日目 保険料、NHK、新聞、ネット、電気水道ガス携帯
の明細を探し出して集める。
3日目 見つかった人は、月平均を算出して、書き込みを行ってみる。

明細類が無かった人は、12月になって、各種明細を
もらった時に、記載。

明細をどうすれば見ることが出来るのかわからない、という方は
12月かけて、どうすれば毎月わかるようになるか、
調べることがどうしても必要になりますね。
ここだけは、どうにか頑張って頂きたいと思います。

私は、12月末になったら1月の計画を書き込んで行きたいと思います。

それまでの間で家計簿の後ろのページに掲載されている
「一生モノのマネースキル講座」を読んでおきたいですね。

「保険を見直そう!」
「老後資金はいくら貯めれば安心ですか?」

など書き込み&実行したいところ。

最後に「1000万円貯めた人のお金習慣は「楽&シンプル」♪」
とあり、以前も紹介させていただいたハイシマカオリさんの
美しいお部屋の写真と、イラストが改めて掲載されています。

この写真を励みに、来年はこの本に向き合って、
お金を良く貯めて良く使いたい!
と強く決意するヒロセでありました。

<関連記事>

おすすめ記事(表示されない場合もあり)