1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 幸せへの意思、孤独への覚悟。 「あまから人生相談」 マツコ・デラックス ぶんか社

幸せへの意思、孤独への覚悟。 「あまから人生相談」 マツコ・デラックス ぶんか社

レディースコミックにて連載されたマツコ・デラックスさんへの人生相談。
という一文だけでお腹いっぱい感のある本です。

初期のマツコさんはなんと、33歳。
そう思うと、20代でマツコさんは完成の域に至ってきていたのね・・・
と感慨深くなりました。

しかしながら、8年前の段階で、マツコさんに人生相談をしようとする
女性っていうだけで、もう、なんか一癖あるなと思ってしまうのが
正直なところ。
面白く拝読させて頂き、一部涙してしまいました。

全体通して伝えられているのは大きく下の2つ。
「幸せは自分の気持ち、自分の思いによって現れるもの」
「誰とどのように過ごしても、孤独からは逃げられない」

一般的な、他人の評価が幸せとは結びつかないということ、
肝に銘じないといけませんよね。

「お婆ちゃんになる何十年か先、娘さんが何ひとつ手助けを
してくれなかったとしたら、その時初めて、自分の子育ては
失敗したんだって決めればいいの。」

という言葉で、親への最終判断は、今後自分で下せるんだ
ということを感じ、

「男性にときめきがないのは『男に期待していない』ということ。
男に期待をせず、結婚願望が無い女性に何が必要かといえば、
経済力。
自分で生きていく術を身につけたら、後は風まかせでいいと思うわ。
ひとりで生きていくということは、漠然とした不安、つまりは、
紛らわせることのできない孤独を常に抱え続けるという
覚悟をすることでもあるのよ。がんばりなさい!」

という言葉で、ほっと胸を撫で下ろし、

「同性愛者だから特別なことなんて何ひとつないの。
同性愛者だからって劣っていることもなければ、かといって、
同性愛者だからってすぐれていることもない。
ただの人間よ。」

という言葉で、人間として涙。

「客観的に自分の周囲を見てごらんなさい。
信頼できる人なんていないと思ったらいないし、いると思ったらいる、
そんなものなのよ。
要は自分が好きな相手であれば、とことん信頼すればいいの。」

という言葉で、自分の意識にもっと自覚的になろう、
と感じ、本を読み終えました。

幸せへの意思、孤独への覚悟。
そんなものが欲しい、と思ったら手に取ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)