1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. やっぱり一気読みしちゃう宗樹本 百年法 上巻 山田宗樹 角川書店

やっぱり一気読みしちゃう宗樹本 百年法 上巻 山田宗樹 角川書店

|

ようやく読めましたこの本。
やはり読み始めると止まらずに上巻があっという間に
終わってしまいました。

楢山節考であったり、筒井康隆の定年食(メタモルフォセス群島収録)
であるような、年老いた人間を殺すテーマの話です。

日本の未来の話が描かれておりますが、過去の時代から、
実際のこの日本とは違う技術を利用し、全く違う世界になっています。

牛島さんより、遊佐さんより、小説家という職業は
世界を支配できるのだな、と読みながら感じました。

ここに出てくる技術、アイテム、法案などすべて、
山田さんの手の中ですものね。

百年法凍結、として再施行とそのあとの日本、
というのが登場人物が増えながら、前後していき、
パズルのピースがばらばらに埋まってきます。

400ページ読んで、あと半分読めるという楽しみ。
下巻もこのまま読み通してしまうに違いないです。

<関連記事>

颯斗が微笑むだけで、涙が出そうになってしまうのはなぜだろう。 ギフテッド 山田宗樹 幻冬舎
「ギフテッド」作者の山田宗樹さんに質問に答えて頂く。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)