1. トップ
  2. 人生を楽しく過ごす取り組み
  3. 読書をする
  4. 謎というより歴史かな「芥川賞の謎を解く」鵜飼哲夫 文春新書

謎というより歴史かな「芥川賞の謎を解く」鵜飼哲夫 文春新書

|

サブタイトルが「全選評完全読破」となっております。

たしかに、芥川賞って選評がおもしろい。

雑誌版で読む場合は、本編読んだ後に選評を読むのが楽しかったりしますもんね。

この本では選評をキーに、芥川賞の歴史、知名度、日本の移り変わりなどを紹介してくれます。

半藤一利さん、著作は何冊か読みましたが芥川賞選考会の司会もされていたとは。改めてすごいなぁとびっくり。

参考:「日本のいちばん長い日」半藤一利 文春文庫

あまりにも知らない。 だからできることは知っていくことしかない。 「昭和史が面白い」半藤一利 文春文庫

「日本史が楽しい」半藤 一利 文春文庫

自分が読んだ作品に関する話がでてくると、ちょっとじっくりと読んでみたりしながら、おおむね今度読みたい本のメモメモがメインとなりました。

しかし、芥川賞をとっても、10年経ったらまったくわからない作家の方も数多くいらして、難しいと思いながらも、やっぱりちょっと気にしては読んでいくことでしょう。

9月3日読了。


芥川賞の謎を解く 全選評完全読破 (文春新書)

読みたくなった本メモ(芥川賞作家以外のものも含む)

吉村昭さん

三陸海岸大津波 (文春文庫)

生麦事件〈上〉 (新潮文庫)

破獄 (新潮文庫)


蒼氓 (新潮文庫)


新装版 されどわれらが日々 (文春文庫)


忍ぶ川 (新潮文庫)

カクテル・パーティー (岩波現代文庫)

ヒロセマリでした。

おすすめ記事(表示されない場合もあり)