1. トップ
  2. おとくな日々
  3. キャンペーン情報
  4. 日経新聞読むだけで楽天1,000ポイントキャンペーンに参加。
  1. トップ
  2. ポイント・マイル
  3. 楽天ポイント
  4. 日経新聞読むだけで楽天1,000ポイントキャンペーンに参加。

日経新聞読むだけで楽天1,000ポイントキャンペーンに参加。

|

新聞の一面広告があったので、そのページを取っておいて、週末に参加申し込みを。

キャンペーンのお申し込みから、日本経済新聞(宅配)および日経Wプラン(宅配+電子版)を6カ月続けてご購読をいただいた方に、楽天スーパーポイントをもれなく1,000ポイント進呈いたします。

という大盤振る舞いキャンペーン。

11月中に申し込みした私の場合、5月1日に5月で解約するかがわかるので、5月中ほどくらいにポイントについて連絡されたメールが届くとな。

注意点

5月まで辞めない

登録したメアドに注意

→しかも、メールが届いて、手続きしないとポイントもらえないっていう渋いシステムなので、数割はポイントもらわないんだろうね。

ということで私は手帳の年間計画にきっちりポイントについて記載しておきましたよ。

狙い

日経新聞が23年ぶりに値上げされたからでしょうね。今月のカード明細を見て高!と思ったので。

あとはクレジットカード払い限定なので、カード払いに移行したい、という狙いもあるのでしょう。

申し込み場所・概要

例によって例のごとく、日経新聞のHPのどこからアクセスすればいいのかわからないのでリンクを。

「続けて読むと楽天ポイントがもらえる」キャンペーン

アクセスしてエントリーボタンを押してくださいな。

日経新聞のキャンペーンは本当にネットから探しづらいみたいで、アクセス数が多いです…改善したほうがいいんじゃないですかねー日経さん。

実施キャンペーン概要
キャンペーン期間 2017年10月25日(水)00:00~2017年12月25日(月)15:00
キャンペーン概要 日経Wプラン(宅配+電子版)および日本経済新聞(宅配)を本キャンペーンのお申し込みから6カ月ご購読継続いただいた方に、楽天スーパーポイント(以下ポイント)をもれなく1,000ポイント進呈いたします。
キャンペーン対象 お申し込み日の翌月を1カ月目として、6カ月間継続して日本経済新聞(宅配)または日経Wプランをご購読いただいた方。6カ月目のご購読状況は、6カ月目の1日を基準日として判断します。
ポイント獲得方法 日経IDにご登録のメールアドレスに楽天スーパーポイント(1,000ポイント)獲得用のURLが記載されたメールをお送りします。6カ月後の購読状況が確認できない場合は、メールはお送りしません。
メールに記載されているURLから、ポイント獲得の手続きを行ってください。
※自動でポイントの付与は行われませんのでご注意ください。ポイント獲得のためのメールが、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合がございます。ポイント付与予定時期には、各フォルダをご確認ください。ポイントの再発行はできかねます。
ポイント有効期間 ポイント獲得用URLが記載されたメールを配信してから約6カ月間となります。有効期限の詳細はポイント進呈メールに記載します。
注意事項
  • ・本キャンペーンは日経Wプラン、ならびに日本経済新聞(宅配)を日経ID決済(クレジットカード)でお支払いいただいている方が対象となります。
  • ・日本経済新聞をご購読中の方でも、新聞販売店へ直接お支払いいただいている方、新聞販売店へクレジットカードでお支払いいただいている方は対象になりません。
  • ・本キャンペーンの対象にならない方には、後日ご案内メールをお送りします。ご案内メールにはキャンペーン対象となる日経ID決済(クレジットカード)への変更方法を記載しております。キャンペーン期間中にお手続きいただければ、キャンペーンにご応募いただけます。
  • ・キャンペーン期間内の本サイトからのエントリーが確認できないお客様には、ポイントを付与することができかねます。期間中のエントリーをお願いいたします。
  • ・日経MJ・日経産業新聞・日経ヴェリタスは本キャンペーンの対象外です。
  • ・メールアドレスに不備があった場合は、ポイント獲得のためのメール送信ができないため、ポイントの付与ができません。あらかじめご了承ください。
  • ・ポイントはお一人様一回限りの付与となります。
  • ・ポイント獲得には、楽天への会員登録(無料)(https://member.id.rakuten.co.jp/rms/nid/vc?__event=regist)が必要です。
  • ・その他、日本経済新聞社が不正とみなしたお客様は対象外とさせていただきます。
キャンペーン主催者 日本経済新聞社販売局
お問合せ

ヒロセマリでした。

こちらの記事もおすすめ