1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 博多・天神から是非行って欲しいなぁ 笹丘 小柳寿司
  1. トップ
  2. 未分類
  3. 博多・天神から是非行って欲しいなぁ 笹丘 小柳寿司

博多・天神から是非行って欲しいなぁ 笹丘 小柳寿司

|

やぁ、美味しかった!
博多駅から、  バスに揺られること30分ほど。

バス停から降りて、 ちょっと飲食店が並ぶ小径。

その中で、ひときわ新しいお店。

7月に改装したばかりとのことですが、 昔から地元の方に愛されたお店であろうことは、店舗HPからも確認出来ると思います。

ちょっと体が冷えていたので熱燗と、そしてにぎりにしようか、いろいろ入ったおすすめコースにしようか、伺ってみたところ、 今日はコースに。

なますを頂き、まずはお刺身。

弾力のある白身のお魚に、中トロが本当にとろとろで、私もとろけそうに。

茶碗蒸しをお皿に入れて、そこに鮮やかな色の葉っぱを飾るすてきなしつらえ。

柿の木の葉がとても、きれいな赤色で。

続いて天ぷら。ほっくりとしたおいもや、熱々のお魚がふっくらと、口の中でほぐれる。

続いて、アラと大根とあん肝の煮付け。 口の中での弾力が おもしろいくらい。

大満足な行程を経て、いよいよにぎりに。

そこまでは、 若大将メインでのお仕事でしたが、大将がにぎっていきます。

ネタに応じて明らかにシャリの握る塩梅を変え、ネタの上にさっと塩、柑橘、薬味、と繊細な手さばきで沿え、食べ方のアドバイスと共に私の元へ。

いかなんて、いかの上にウニ!と思って興奮した後に、更にウニ盛りだくさんを頂き、今目を閉じてもウニが浮かんでくる。

すまし汁のだしがもう、博多の味。(前回お土産で買いました。 )刺身醤油も博多の味でございましたよ。好きです。

最後、お抹茶を頂くかのような器でお茶を頂き、人心地。

器も、メニューをはじめとした手書きの美しい毛筆の数々も相まって、総合的な満足度が非常に高い結果に。

おなかぱんぱん、これでお会計6千円なり。

春に、3千円で食べた お寿司の お夕飯の満足度と比較しちゃうと、博多天神から遠くても、バスで一本だから!ここまでおいでよ!

というタイトルに繋がる感想を抱いたわけでした。

このセットメニューと同じ額でのにぎりのセットの方が、ネタ的に内容的にはお得、とおっしゃっていたので次回はにぎりを是非、と心に決め再訪を楽しみにする次第であります。

小柳寿司寿司 / 別府駅

夜総合点★★★★ 4.8

こちらの記事もおすすめ