1. トップ
  2. lifelog
  3. 【ここがひどいよWiMAX】「契約更改しない」というボディーブロー

【ここがひどいよWiMAX】「契約更改しない」というボディーブロー

|

わたくし、ここ4、5年は家でも外でも全てワイマックスなんです。 これが圏外になったら終了という状態なんです。

それでも今まではずっと軽快に使えていたんですけどね。 引っ越ししたら家の中ほぼ圏外で、窓のカーテンレールにポケットWi-Fiを差し込んでようやく電波が入るという危機的状況を迎えました。

自分の身長よりはるか上、両手を伸ばして電源をいじらないといけないので、Wi-Fiつけっぱなしの日が増えました。

これWiMAXあかんかったかなあ、とちょっと困った矢先に冒頭のHPを知ってしまいました。 そう言われて速度が気になって調べてみると、おやおや、下りで1.13Mbps
これが0.いくつになることもあり、久しぶりにバナーの画像を見るのに3段階くらいかかったりしはじめました。
2000年代初頭か。
メガ遅いよ。メガヤバ革命だよ。

これを受けて、「次回契約更改はないかもな」と思いました。

少なくとも、過去2回あったような他社比較をせずにWiMAX継続一択、を許さない状態になってしまいましたね。

しかしながら、Wi-Fi比較サイトなどを見ると、今回の制限で他社と条件が並んだ、今までが良かったように見えるんですよね。

やっぱりこういうページもあって、他はもっとひどいと書かれてます。

でも、今世間ではWiMAXが詐欺だ、詐欺だと話題になっています。
公式サイトのお客様の声、的なツイッター紹介ページはそういったマイナス情報がはじかれているとのこと。
でも、普通にぐぐると価格コムでもツイッターでも悪い情報のオンパレード。 これでは、ちょっと調べたら今、これからWiMAXに入ろう、という気持ちには少なくともならないですね。 ガチャピンムック悪者扱い。

かつて、私がWi-Fiを始めるころのイーモバイルがこんな感じだったなあ、と思い出しました。 5年前にイーモバイルが「縛り契約詐欺」とやはり当時のユーザーが怒り心頭になっているネットの情報を見て、イーモバイル以外の会社で検討をし、WiMAXを選んだのでした。

なぜ、WiMAXはこの轍を踏んでしまったのでしょうか。

なぜ、ユーザーを欺くような表現で、都合の悪い情報は見えないよう見えないようにして契約を取ろうとするのでしょうか。

こういった行動が起こった今、ネットで比較検討する新規加入者はWiMAXの加入に躊躇するでしょう。
また、冒頭のHPで示されているように、消費者センターに訴えるという行動を起こすユーザーもいるでしょう。

でも一番多いのは「仕方ないから契約満了までは我慢するけど、次は無いよ」なのではないでしょうか。

私を含め細かいところをわからない人にはよくわからないけど、何か悪いことがWiMAXで起きている、でも契約途中の今パワーを使うまでではない。 そういった大多数の人が選ぶのが一番簡単な「契約更改しない」という手段でしょう。

これから1年後、1年半後にボディーブローのように期間満了を迎えたユーザーが他社に流れていくのかな、その時が見ものだな、と思っています。

私もそうする確率が高いので。

ただ1年後、1年半後には他の会社がもっと悪いことしてて移れない、とかそこまでWiMAXが持たなくて無くなってる!なんてこともあるかもしれませんね。


キャッシュバックとか活用して結構お得に使えてたんだけどな・・・

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ