1. トップ
  2. lifelog
  3. CateyeとLEDかしこいテールライトを比較しておすすめする細かいけど重要なところ。

CateyeとLEDかしこいテールライトを比較しておすすめする細かいけど重要なところ。

|

クロスバイク乗りのヒロセです、こんにちは。思えばもう4年はクロスバイクに乗っている気がして、もはやママチャリにまたがると慣れない感じがしてしまいます。

これはいい買い物でありましたなあ。

で、消耗品的に何度か変えているのがテールライト。

なぜか、ヘッドライトに比べて壊れるよ。

で、当初自転車でつけていたものと同じものを買い直していたのですが、ちょいちょい壊れる。

ライト部分が壊れるんじゃなくって、ボタン部分が壊れるんですよね。で、電池が入っている限り、赤いライト付きっぱなしになっちゃう。
消すには電池外すしかないという。

店員さんいわく、漏電しちゃって配線がおかしくなってしまったとのこと。

で、買って1年も持たなくておかしくなってたまたま通りすがりのホームセンターへ。
そこできになったのが

こちら。かしこいテールライト。

どこらへんがかしこいかというと

暗くなって動いているとつくよ

という点。

オンオフのつまみがあって、オンにしておくと光センサーと振動センサーを使って暗い中走ると光る。止まって20秒ほどする止まるというアイテムです。

長押しとスイッチの差

キャッツアイさんはボタン長押しでオン、オフだったのです。で今ヘッドライトも長押しなので、走る前後、それぞれ前と後ろで4回長押しする必要がありました。

これが結構短気には時間が長く感じまして。

これがスイッチぐい、で1秒もせずにライトがつくのは精神的に違います。速い。

ちょっとした買い物ですごい楽。

家に帰ってきて止めるときはスイッチから消すことで誤作動を防止していますが、ちょっとした買い物で止めるときはスイッチつけっぱなしで出かけてしまいます。

こういうちょっとした移動をするときって何か所もとめてちまちま移動していくので長押し回数が増えるとそれだけで、いらいらなのです。

これは楽ですわ。

今の長押しヘッドライトが壊れたら、そっちも変えてみようかしらと思う今日この頃です。

こちらの記事もおすすめ