1. TOP
  2. ヒロセ流美食術
  3. 滅茶苦茶アットホームな子連れカフェ的イタリアンへの提言。五反田「タントタベテ」

滅茶苦茶アットホームな子連れカフェ的イタリアンへの提言。五反田「タントタベテ」

品川経済新聞で見かけて「伝統江戸野菜メーン」というキーワードとともに心のどこかに残っていたんでしょうね。

五反田に用があり、はて、どうしよう。アリエッタ
ビスマルクは、ここ。五反田のしゃれおつざーぴー店 ピッツェリア・アリエッタ ARIETTA
かおにやんまの手前のバルか、矢澤
焼肉よりステーキより やっぱりハンバーグが好き 五反田 矢澤ミート
かみやたこか・・・と悩んだのですが、ヘルシーめにしたいわ、と思いこちらに向かうことに。

地図でここだとさされているデニーズ前につくも、店が見当たらない。でもこのカラオケのななめ上なのか、と思い勇気を持ってスナックビルに。エスカレーターで2階につくと、直お店になっているタイプでした。

真っ先に見えるは3歳くらいのお子さん。そしてその奥に女性のペアのお客さん。

奥の席を案内され、店内はあまり見えなかったのですが、店の前のタリーズが良く見えました。

壁の装飾といい、お子さんをお持ちのお宅にお邪魔したような気持になれます。

前菜が600円から、サラダも700円からということで1人で来た人間にはなかなか厳しいものがあるなと思い、サーモンのマリネ1,500円をハーフで頂きます。

これが結構なボリュームでございまして、嬉しかったのだけど前菜の時点で結構お腹が膨らんでしまった。

メインはもちろん一人で食べられないなとパスタを選択。メニューに「R」と書かれているメニューに関してはリゾットも可、とありましたが、野菜を食べに来ていた私ですから野菜とトマトの具で、そうなるとリゾットよりもまずはパスタで確かめたいなということでパスタでお願いしました。

よく火の通った野菜がたっぷりのパスタは、パスタの方もボリュームたっぷりでした。おいしかったのですがちょっと味付けが濃いこともあり、最後まで食べることをあきらめてしまいました。

店内ではお子さんがきゃっきゃと笑い、(2人いるのかな?)何度か子供特有の甲高い声を上げるとお母様であろうホールの方が「静かに!」というという感じ。

商店街のお店に行くと、奥のほうで子供が宿題やってたりしますよね。そういうお店でついつい買ってしまう私としては、このお子さんがいるという部分をもっと強みにしてしまえば、と思います。

子供が遊んでいる、普通にしている姿を見、声を聞くだけで心癒される仕事帰りの女性がいるのでは。近辺で働く人も多いでしょう。ここは東京砂漠で、そんなdesert女子をターゲットにしてみては。逆に言うと2人連れ以上の場合は、話の腰を折られる感は否めないと思うので。

おひとり様をターゲットにするとなると、メニューをもっと一人向けに作って欲しいな、となる。前菜とパスタとワンドリンクで2,100円だとか、前菜とサラダとパスタで2,100円とかのパターンを作り、1品あたりのボリュームは半分以下でいいから、バランスよく味わえる感じになってくれると嬉しい。もっと伝統江戸野菜を訴求したセットがあっても良い。

なんてことをのんびりと思いながら食べさせていただきました。シェフの方もホールの方も愛想は抜群、店全体通じてあたたかい空気で満ちているので、そういうあたたかい空気を求めている人向けにこんなふうになったらもっといいのにな、と好き勝手書かせて頂きました。

<関連記事>

タントタベテイタリアン / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3