1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. サントリー「澄みわたる梅酒」に合わせたくなるグラス。

サントリー「澄みわたる梅酒」に合わせたくなるグラス。

|

新しいお酒に、いつもと違うグラスを合わせて
楽しんでいます。

生田斗真さんのコマーシャルが、あるタイミングから
思いっきり流れ始めました。

春に見たコマーシャルがまた流れているので、
これは生産が追い付かずに販売を停止していたものが
再度発売になったなと感じ、早速買ってみました。

4月発売後、2週間程度で販売停止、9月24日販売再開とのこと。

確かに、グラスに注いでみると梅酒独特のゆらぎが見えず、
梅酒と言われないとわからないです。

ただ、飲んでみるとアルコールがしっかりとした梅酒ではありますので、
最初に飲んだ日は気が付くとすっかり酔っぱらってしまいました。

普段、梅酒には、厚手の自分で吹いて使ったグラスを
使うようにしていました。
ガラスのでこぼこ感と、梅酒のゆらぎがマッチして
あたたかみのある雰囲気を作っていました。

ただ、この澄みわたる梅酒だと、中味が見えないグラスは
もったいない。

そこで、薄くて曇りのない、うすはりガラスの
グラスにいれてみました。

「澄みわたる」というキーワードが、お酒にも、
グラスにも浸透しているようで、
スッキリと、端正な組み合わせになりました。

せっかくの新製法、相性のよいグラスでいただくことをお勧めします。

<関連記事>
うすはりグラスとリーデルのシャンパングラスでお酒を飲む
リーデルのワイングラスで赤ワインを愉しむ。
一人でも、みんなでも。楽しむためのグラスを購入
まさにこれからのワインの参考に。 dancyu (ダンチュウ)
2013年 12月号 プレジデント社

ついつい持ち帰りたくなる パテ・ド・カンパーニュ
 ターブル・オギノ ecute品川店
ソムリエの流儀 佐藤陽一 小学館

こちらの記事もおすすめ