1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. ゆっくり、愛される店になってほしい。 天王洲 SOHOLM スーホルム

ゆっくり、愛される店になってほしい。 天王洲 SOHOLM スーホルム

|

あんまり急に注目されてわいわいがやがやされても困りますが、
ゆくゆくは誰かに書かれてしまうのであれば、私が先だって書きたい!
と思ったこのお店の紹介です。
(と熱い思いで書いてたら料理の紹介2行の口コミに先を越されていて
落ち込んでます。)

とっても素敵なお店なのですが、それだけに
いわゆる食べログが目的になるような人
食べログに投稿してみてわかったこと 食べることより食べログが目的になる人たち
が大挙することのないように、不安を抱きながら、でも、
書かずにはおられないこの気持ち。

以前、天王洲アイルにactus(アクタス)のスローハウスが!
ご紹介したスローハウスに、早速行ってまいりました。

ぶらぶらと店内を散策していると、レストランの入口で
声をかけられました。
キャビアとジビエのお店、とのことでしたが、その他にもメニューが
ありましたので、店内散策を終えたら入ろう、と思い
スローハウスの店内散策を。
お店エリアの閉店が20時と迫っていましたので。

買ったものについては別途のご紹介にしましょう。

今日はいい買い物をした。

るんるん気分でレストランへ。
座席の方は、2割、3割くらいお客さんが。基本は2人がけのテーブル
といすの組み合わせかな。
すぐにカウンターに行ってしまったので、テーブル席の方は
ちゃんと見れておりません。

カウンターにはこの本が何冊か立て掛けておりました。

北欧家具好きにはたまらない世界観のお部屋の写真がざくざく
でてきて、インスピレーションのヒントによさそう。

と本はさておき、メニューです。

飲み物は、ジンジャーエールから手作りしているので
それを使ったカクテルや、
ソフトドリンクではスクイーズするオレンジジュース、
グレープフルーツジュースがおすすめとのことですが、
今日はさっぱりと白ワインをいただきました。

ブログを見るとサングリアも自家製ですね。

料理は、結構ボリュームがあるので、1名で来た方には
半分量にしてくれるという
ありがたいお言葉を頂きました。

それぞれのメニューに対する不明点をお訊ねすると、
その疑問に対する答え、にプラスしてその料理の作り方、ポイントなども説明していただけたので、
その料理に対するイメージを脳裏に浮かべながら、注文ができました。

・真鱈のブランタード

2週間、干して水分を飛ばした鱈を牛乳、生クリームで和えていく
料理。
パッと見、ツナのように見えたのですが、口に入れるとどんと
魚の味が滲み渡り、添付のバゲットと、お通しのバゲットが
どんどん進みました。
白ワイン、ブランタード、バゲットと口に入れてはため息が出る中、
ゆっくりと食べ進めさせてもらいました。

・豚さん

メニューには掲載されていなかったのですが、豚さんが入荷したとのことですので、グリルして頂くことに。
木のプレートに、粒こしょう、岩塩、それに火で炙ったマッシュポテトが添えられ、カトラリーのナイフを肉用に交換されます。

切れ味のよいナイフですっと豚さんを切り、口にすると、
塩をつけなくても、シンプルなのに、おいしい。
ソースがなくても、こんなにお肉は楽しめるんだなとうっとりしながら食べさせていただきました。

今回は1名ですのでこれだけですが、近々友達を連れて、また行きたいと思います。

テラス席もあり、これからの季節は気持ちよさそうです。

今、ランチの時間は、夜のメニューを紹介するような、サンドウィッチを提供しているとのこと。

梅田などは「カフェ」の形態で出店してますが、こちらはキャビア、ジビエの「レストラン」。
アクタス好きな方は、違いを楽しまれてはと思います。

定休日なし、11:00~17:00、18:00~23:00とのことですので
天王洲に予定がある方はお立ち寄り頂きたいと思いますが、
ゆっくりと、スローペースでお食事を楽しむお店だ、ということを
理解したうえで足を運んで頂きたいと切に思います。

最後に、入口を見つけるのが難しかったので共有です。
T.Y.ハーバーの前の道路をすすみ、テラカフェバール
という店の前で運河側へ曲がってください。
手前にある、スローハウスの正面玄関は、20時でクローズするので
そのまま直進。
テラス席を通ると出入り口になりますので、
夜でも迷わずにお店にたどり着いて頂きたいと思います。

SOHOLM)洋食・欧風料理(その他) / 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

夜総合点★★★★ 4.9

こちらの記事もおすすめ