1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 新しい味を求めて 福岡 椒房庵(しょぼうあん)でめんたいフランス

新しい味を求めて 福岡 椒房庵(しょぼうあん)でめんたいフランス

|

東京人には「茅乃舎」の名前が耳なじみがあるのではないでしょうか。
茅乃舎さんは九州の会社で、その大本が「久原本家」という
創業明治26年、120年続く会社だそう。

元は醤油会社だったところを、博多、福岡、九州にこだわり
消えゆく恐れのある伝統的食材を守っていくための会社に
方向転換。

様々なグループ会社がある中、椒房庵の位置づけは
久原本家グループの製品を店舗並びに通信販売するというもの。

椒房庵の名前の由来は「后妃が召し上がるほどの味」
と言われるほど美味しいものを、お客様に味わっていただきたい
というものだそうです。

前置きはさておき。

このお店に行こう!と思ったのは、
今回の福岡旅行では、「新たな食の開拓」をテーマに、
今まで食べてない物を食べよう、と思い
まっぷるを熟読。

すると、変わり種明太子のページで「めんたいフランスパン」を発見。
これは気になるじゃないですか、と場所をチェックすると、
デイトスというところと岩田屋で取扱いとのこと。

アクセス上便利だった岩田屋さんにお邪魔しました。
地下食料品売り場の中でも、若干壁や照明がシックな色合いで
目立つ内装のエリアが椒房庵です。

めんたいこを中心に、魚やごはん系の試食が並んでいるなか、
めんたいフランスパンを探します。
レジの目の前に、白く長い袋を発見。めんたいフランスです。

すぐ左に、びんに入った試食があったので頂いてみます。
細身のフランスパンの中央に切れ目があり、その中に明太子が入っています。
辛みがある明太子とフランスパンがマッチします。

これは焼いたらさらにおいしいだろう!と購入。
お店の方に、3~4分焼くとおいしく召し上がれますと言われ、
赤い細長い袋に入れてもらいました。

焼いて食べると、パンにパリッという硬さが出てくるので、
辛子明太子の辛みがより映えます。
お酒のおつまみにも、休みの日のブランチにも楽しめる味。

また福岡に行ったときには購入します。
お店の他の商品もじっくり見たいと思いました。

久原本家 椒房庵  福岡 天神 岩田屋店郷土料理(その他) / 西鉄福岡駅(天神)天神駅天神南駅

昼総合点★★★★ 4.3

こちらの記事もおすすめ