1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 有楽町でがっつり鶏肉が食べたくて ローストチキンハウス 丸の内店

有楽町でがっつり鶏肉が食べたくて ローストチキンハウス 丸の内店

|

仕事で有楽町でランチを採らねばならぬ。

気分的に鶏!鶏肉を食べたいであります。しかもガッツリ。

そういう選択肢で調べていくと、銀座インズのケンタッキーかこちらか、という選択肢。

良いなあ、ローストチキン。ということでお昼にはせ参じました。

東京国際フォーラムの道路の向かい。新東京ビルの地下になります。

新東京ビルっていうと、そういえば私前まとめ作ったことあるなーと。(知ってる?有楽町のマイナービルのグルメまとめ 国際フォーラムエリア編)ここらへんの前知識があって、するっと行くことが出来ました。自分が作ったまとめは、結構自分のために作っている節があるのです。良かった良かった。

お店の入り口に行くと、うわ、喫煙者ばかり!と思ったけどそれは喫煙エリアだったらしく、禁煙エリアは右の方曲がってからボックス席を挟んだ廊下を渡って行った先。真ん中に正方形のカウンターがあり、1名、2名客をどんどん入るようになっている。その周辺にテーブル席。

お昼時という事もあり、にぎわっております。

ローストチキンが注文続いており、15分程度かかりますが良いですか?と聞かれましたがここはローストチキンでお願いします。

まずはスープ。コンソメベースにコーンが浮かぶものを頂いているとサラダと先にお願いした紅茶が。サラダも新鮮でいい感じ。もりもり食べているとストウブの鉄板に載ったローストチキンがどどんとサーブされます。おお、ストウブでこんな鉄板あるんだね。素敵。

チキンは、今まで行ってたローストチキン店って鶏の形状を切った感じだったのでそういうものなのかと思っていたのですが、ケンタッキーに近い形をしています。手羽部分2つと、大きい部分2つ、といった感じ。骨がたっぷりなので、ナイフとフォークで悪戦苦闘しながら食べていきます。付け合わせはポテトと野菜たち。鉄板で焼かれたトマトの酸味がいいアクセントになりますね。

1,300円しますがあれこれついて、鶏肉をこれでもかと味わえたので満足のひとときでした。夜も行ってみたい気になりました。

<関連記事>

ローストチキンハウス 丸の内店洋食 / 有楽町駅二重橋前駅日比谷駅

昼総合点★★★★ 4.3

こちらの記事もおすすめ