1. トップ
  2. cafe
  3. 帝国ホテルで浮世離れの英国風ティータイム ラウンジ ランデブー
  1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 帝国ホテルで浮世離れの英国風ティータイム ラウンジ ランデブー

帝国ホテルで浮世離れの英国風ティータイム ラウンジ ランデブー

|

帝国ホテル。日本を代表するホテルであり、その旧館は
レゴブロックになるほど。

日比谷シャンテエリアというのは、かつて戦後、
東京でも栄えたエリアだったと、現在の立て替え工事で知ります。

現在は、日生劇場、東京宝塚劇場、シアタークリエと立ち並ぶ
劇場街であるのですが、ちょっとご飯に困ってしまうところが
ありました。

その日は、旅行後に銀座のイベント
2015年 手帳総選挙 100冊チェックした中の私の気になる手帳
に急いで立ち寄ったあと、ちょっとした宿題を抱えており、
更に雨も降っていて、本当に疲れてしまいました。

雨の中店を探して、夕飯食べて千円、二千円使って、おいしくない
可能性もあるなんて考えたら、くたくたで、
体がこちらに向かっておりました。

宝塚劇場の前から入り、レストランを越えて右へ。こちらで良いのかしら
と思いながら歩くと、広く、天井も高いのですが、照明のおかげか
開放感丸出しにはならず、落ち着いた雰囲気を醸し出す
ラウンジスペースが。

あたたかい飲み物をゆっくりいただきたく、かつ、軽食もしたいな
ということで、候補は2つ。

  •  アフタヌーンティー
  • クラブハウスサンドプラス飲み物

甘いものもつく、ということで結局はアフタヌーンティーにしました。
食べ物のお願い事をすると、対応してくださる学生アルバイトであろう
方から、社員の方にスイッチ。

やはり、社員の方になりますと接客態度、対応が段違いですね。
びっくりしました。
親切にご対応頂いて嬉しかったです。

いつもこんな風に対応いただけたら、本当に素敵だなと思う、
ということは、社員とアルバイトでの質の差、というのが
こちらの課題ではありますね。

ハム・タマゴ・キュウリのサンドウィッチに、大好きなスコーンを2つ。
更に、小菓子盛り合わせを、食べられない物がありましたので、
ケーキへと変更していただきました。

三段のスタンドが空になる頃にはおなか一杯。
更に、カフェオレがポットサービスのためたっぷり3杯は
頂けました。

お店を出るころにはもう何も飲めない、食べられない
という状態でしたので、
日比谷エリアで下手にご飯して飲み物、とはしごするより
却って経済的かも、と思いました。

ゆったりとした時間を過ごしたい時、また暖かい飲み物を
頂きにきたいと思います。

今度はオールドインペリアルバーにチャレンジしたいものです。

ランデブー ラウンジラウンジ / 日比谷駅内幸町駅有楽町駅

昼総合点★★★★ 4.8

こちらの記事もおすすめ