いかってこんなにすんなりと嚙めるんだ 浜松町 寿司「宮葉」 - HIROSE MARI WEB SITEHIROSE MARI WEB SITE
  1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. いかってこんなにすんなりと嚙めるんだ 浜松町 寿司「宮葉」

いかってこんなにすんなりと嚙めるんだ 浜松町 寿司「宮葉」

|

半年に一度のごちそうデーです。
これは!というお店でえい!とお金を使う日です。

この日は、いわゆる普通のオフィスレディが清水寺から飛び降りる気持ちで
3000円ランチに挑戦です。

お店は「宮葉」グルメ本を見て、東京の有名すし店の中から、チョイスいたしました。

予約をして、カウンター席に通されます。

会社の先輩と2人、緊張する面持で、寿司を待ちます。
1つ、2つ、とにぎられ、出されるお寿司は、やはり手間と時間をかけて
作られている事を舌から感じる事ができる味でした。

特に、イカを口にしたときは衝撃が走りました。
イカ独特の、嚙みごたえがないのです。
するっと口にすることができると、より甘みを感じることができました。

平日で慌ただしくなってしまったのがもったいないくらいでした。
土曜の昼のメニューが気になる今日この頃です。

<関連記事>

宮葉寿司 / 浜松町駅大門駅竹芝駅

昼総合点★★★★ 4.7

こちらの記事もおすすめ