1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. 恵比寿で魚ならここだ!銀だら粕みそ焼きまた食べたい 「魚や きいもん」 

恵比寿で魚ならここだ!銀だら粕みそ焼きまた食べたい 「魚や きいもん」 

|

恵比寿のうまいもん通りでおなじみの恵比寿新橋商栄会。
できたころから気になるねえ、でもいっぱいで入れなさそうだねえと
通り過ぎること数十回。

日曜日の夜、「魚が食べたい!」というリクエストに、日曜日、
しかも雨の予報なら大丈夫かなと電話。
無事、予約OKです。

わくわくしてお店に入ると、予約したということで
手書きの名前入りのメッセージが。
有難い心配りです。

友達を待つ間流れてきた曲が玉置浩二の「田園」や
百恵ちゃんのプレイバックだったりして選曲もいい感じです。

友人がきたので、メニューを開きます。
日本酒が目立つところに書いてあったので大雪乃蔵を。
メニューには1から9のエリアがあり、そこから順番に頼んでいくと
いい感じとのこと。

おおむねそのメニューに沿って注文していきます。
まずは冷奴。
豆腐がなくなった後の鰹節、ねぎ、しょうがをつまんでもおいしいという事で、
この後の流れに期待が高まってしまいます。
なかなかここまで薬味食べませんもん。

次は刺身だ!ということで刺身の盛り合わせ。
食べ終わって、葉鰹のおかわりか、もしくは今日のおすすめの
のどぐろの刺身をお願いしたくなったのですが、まだまだ他の食べ方を
するのでと我慢。

ここでカキのグラタンに。
濃厚!チーズにマカロニにカキのエキスが染み込んで
実際に摂取するよりも多くのカキを食べた気に。

気になった魚の串に参ります。
あなごの白焼きに、銀だら粕みそ焼き。
銀だらのインパクトがでかい。
いやこれはびっくりだ。串にささった銀だらはミニマムでかわいいのに、
味はしっかり。
この1串でご飯茶碗一杯食べられたなと思います。

この銀だら粕みそ焼きを食べに、次の日曜日にまた軒をくぐるのでは、
と思ってしまいます。

次いで、メニューの中央に鎮座する、とってもおすすめであろう
エリアにあるメダイの煮付けを。
これも一匹来たのをほぐして食べ始めると、箸をつつく手が止まらない。
あっというまにたべてしまいました。
あの煮汁を使っても、これまた茶碗一杯は軽くご飯が進んだはず。

ここで我慢できずにご飯もの注文です。
とろたく巻きにかつおのたたき丼。
とろたく巻きは寿司屋のように巻き立てでぱりっとする海苔の食感も
楽しめ、
かつおのたたき丼はそこまでサイズが大きくないこともあり、
ほぼ自分でぺろり。

煮たり焼いたり生にととにかく魚!を存分に頂き、5千円弱のお会計。

魚が食べたいな、と思ったら上位に来るお店。
これは通っていろんな魚を楽しみたいですね。

<関連記事>

魚屋きいもん居酒屋 / 恵比寿駅広尾駅

夜総合点★★★★ 4.7

こちらの記事もおすすめ