1. トップ
  2. cafe
  3. おしゃべりせずとも大丈夫な間柄の人を誘ってゆったりと 京都 蹴上 喫茶チェカ
  1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. おしゃべりせずとも大丈夫な間柄の人を誘ってゆったりと 京都 蹴上 喫茶チェカ

おしゃべりせずとも大丈夫な間柄の人を誘ってゆったりと 京都 蹴上 喫茶チェカ

|

川口葉子さんの本で紹介されたカフェを訪ねるシリーズ第二弾。

京都旅行に、この本で紹介されたお店への訪問を
組み込ませてもらいました。

冬の霧雨降る蹴上駅。
実際は寒いのでしょうが、
張り詰めるようなしんとした空気を、
雨がやわらげてくれるようです。

南禅寺を普段の視線から斜め後ろ上方から見つめているような
不思議な感覚に包まれながら、レンガを眺めながら動物園の方に
向かって歩いていきます。

駅から10分近くでお店に到着しました。

休日ですが、真冬ですので幸いにも席に空きがありました。

私は本を読んでこれ、と決めていたロールケーキを。
友人は蒸しチョコのケーキにし、2階へ。

2階に茶釜があり、そこでお湯を沸かしているのがよく見える
畳の席を案内されましたので、ほうじ茶を頼みました。

畳の奥のスペースには、クリスマスの準備でしょう、イチゴの箱が
斜めに5,6箱重ねてありました。

内装の白さだけでなはく、茶釜や畳があったり、かと思えば茶色いアンティークな
ケースがありといったようなまぜこぜなテイストが、
その作業風景さえも微笑ましいもの、お店の一部として存在するのだな、
とまで思わせてしまいます。

雨の中、温かいお茶を頂きながら、ぼんやりと
ケーキを口に含むと、疲れをいやす甘さが沁み渡ります。
寒さで疲れた体には、ロールケーキよりも、
一口もらった蒸しチョコの濃厚な甘味が甘美に感じたのが事実。

体調に応じて、ケーキを検討すれば良かったです。

おしゃべりせずとも大丈夫な間柄の人を誘って、
またゆったりと、静かな時間を過ごしに行きたいと思いました。

川口葉子さんの本で紹介されたカフェを訪ねるシリーズ第一弾はこちら。

充電場所に出会う 恵比寿 スコーン 歩粉(ほこ)

菓子・茶房 チェカケーキ / 蹴上駅東山駅

昼総合点★★★★ 4.0

こちらの記事もおすすめ